【インタビュー】

小松菜奈、役所広司と中谷美紀の前で流した"2つの涙"は財産「演じることは楽しいこと」

1 「毎日寝れなくて…とにかく毎日必死でした」

 
  • <<
  • <

1/2

愛する娘は、バケモノでした。――この衝撃的なキャッチコピーの映画『渇き。』(6月27日公開)で加奈子を演じた女優・小松菜奈は、本当に"バケモノ"なのかもしれない。同作は、作家・深町秋生の『果てしなき渇き』(宝島社)を原作に、元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)が、失踪した娘・加奈子を行方を追う物語。娘の交友関係をたどっていく先々で次々と「知らない加奈子像」が明らかになり、やがて藤島は暴走。周囲の人間も彼女の存在に翻弄されていく。

小松菜奈
1996年2月16日生まれ。東京都出身。身長167.5cm。2008年からモデルとして雑誌を中心に活動し、多数のCMやPVに出演。オーディションにより、本作でスクリーンデビューを果たす。10月11日に公開される、熊澤尚人監督作『近キョリ恋愛』で山下智久と共演する。
撮影:荒金大介(Sketch)

役所広司、妻夫木聡、二階堂ふみ、橋本愛、中谷美紀、オダギリジョー、國村隼。彼らが演じる役柄に共通するのは"狂気"だが、小松が演じた加奈子はさらに不気味さを身にまとった"規格外の悪"を印象付けている。今年高校を卒業した18歳の小松は、本作が長編映画デビュー。彼女を見出した中島哲也監督を、撮影後に「女優とは違う技術を持っている人」と言わしめるほどの存在感を残した。

今回のインタビューで小松と対面し、静かな空間の中で1対1で話していると、この『渇き。』の世界に迷い込んだような錯覚に陥るが、時折笑顔を見せると等身大の少女の姿が見え隠れする。大役のプレッシャーと演技の葛藤。撮影現場で流した"2つの涙"は、彼女の人生に新たな兆しをもたらしていた。

――こうして対面して思うのは…まずは恐ろしいなと。

アハハハッ、そんなことないですよ(笑)。

――意気込んでオーディションに臨みつつも、自分が決まった時は信じられなかったそうですね。

この役をやりたいというよりも、中島監督がいるということに緊張していて。映画のオーディションもその時は久しぶりだったので、あまり考えることもできずに行ったようなことを覚えています。2次審査まであって、1次審査は女の子4人でした。1次審査に中島監督はいなかったんですが、2組に分かれてその場で悪口を言い合って喧嘩したり、ほめて笑ったり。2次審査は監督がいて、まず1人ずつ面談。それからまたペアになって、つかみあって髪の毛を引っ張り合うくらいの勢いでやった後に、爆笑の演技をしたりしました。

――信じられなかったということは、手応えがなかった?

全くなかったですね。みんな緊張してるのは同じなんですけど、やっぱり演技できる人たちが集まってたので、自分が一人だけできなくて…。何回もやらされたんですが、恥ずかしくてなかなか感情を出せなかったので、自分が加奈子役に選ばれるなんて全然思えませんでした。

――共演には名だたる俳優陣がずらり。かなり追い込まれたのでは。

演技も初めてでこんなすごい役者さんたちが集まっている中、役柄的にもいちばん上にいなければいけない存在なので、そういうのを考えると毎日寝れなくて…とにかく毎日必死でした。

――中島監督は現場では厳しい方だと聞くのですが、実際はいかがですか。

私もオーディションに行く時からそれを聞いていました。「怖いらしい」とか、「撮影に入るととにかくヤバイ」とか(笑)。だから、オーディションで話しかけられるのもビクビクしてて。でも、リハーサルの時に芸人さんのストラップをくださって、ガチャガチャが趣味らしいんですよ(笑)。私は、バナナマンの日村(勇紀)さんをいただいました。

――現場ではどのような演技指導があったのでしょうか。

映画に入る前の演技レッスンでは、基礎的な喜怒哀楽をやりました。でも、基礎的とはいっても爆笑や大泣きだったり。役柄については、監督と何度も話し合いました。監督自体も「加奈子」という役柄のことが分からなかったみたいで。

――小松さんのブログにもそんなことが書いてありましたが、今はいかがですか。

普通の感情じゃないですし、こんなことできるわけないですし…加奈子としてそのような状態になった瞬間がどこなのか…ここかなっていうところはありますけど、謎な部分がまだあります。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「毎日寝れなくて…とにかく毎日必死でした」
(2) 中島哲也監督と抱き合ったオールアップ

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

働く男性の7割が「夏の肌悩み」あり ‐ 洗顔とシェービングの正しい方法は?
[15:03 7/29] ヘルスケア
i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ

本音ランキング