【レビュー】

暑い夏にぴったり! フィリップス「ヌードルメーカー」で冷やし中華を手作りしてみた

1 自分で作った冷やし中華が食べたい

 
  • <<
  • <

1/4

「冷やし中華、はじめました」。そんな貼り紙を中華料理屋の店先で目にする季節となった。どうしても食欲の落ちる夏だが、冷たい麺ならつるっと入ってしまう。特に冷やし中華は具が色とりどりで見た目よく、栄養価も高い(気がする)。そんな夏バテの強い味方「冷やし中華」を、もういてもたってもいられなくなったのでさっそく作ることにした。そんなとき、目に留まったのが、フィリップス エレクトロニクス ジャパンが6月3日に発表した家庭用製麺機「ヌードルメーカー」である。

ヌードルメーカーは、オランダのメーカーであるPhilipsが日本市場向けに投入した調理家電。約10分で簡単に生麺を家庭で作れる、というのが売りの製品だ。約720kgの圧力を生地にかけることでコシのある麺を実現するという。今回はそんなヌードルメーカーを使用して、冷やし中華作りに製麺からトライしてみた。

これがヌードルメーカーだ

ヌードルメーカーの外観をチェックしてみよう。

白とシルバーというシンプルなカラーリング。これならキッチンに置いてあっても違和感がないだろう。サイズはW21.5×D34.3×H30cmで、コンパクトな設計。

次に付属品をチェックしてみよう。

4種類の製麺用キャップが付属

それぞれのキャップに合ったクリーニングキットが用意されている

今回お借りしたヌードルメーカーには、1.6mm角麺、2mm丸麺、1.6mm平麺、2.5mm角麺4種類の製麺用キャップが付属。それぞれの製麺用キャップに、詰まった生地を取り除くクリーニングキットが備えられている。

粉用と水用の計量カップ

レシピブック

そのほか、計量カップとレシピブックが付属。レシピ開発には日清フーズが協力したそうだ。さて、調理に取り掛かる前に、分解した写真もご紹介しておこう。

ここまでバラバラに!

製麺用キャップを収納できる引き出し

使用後の洗いやすさを考慮して、本体はバラバラに分解できる。モーター部分以外は丸ごと水洗いできる仕様。本体下部の引き出しには製麺用キャップを収納できる。こういうちょっとした気配りがうれしいところだ。

では、さっそく冷やし中華を作ってみよう!

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 自分で作った冷やし中華が食べたい
(2) 約10分で簡単に麺が作れるって本当?
(3) お待ちかねの試食タイム! 果たしてそのお味は?
(4) ヌードルメーカーは、日本の食卓を変えるか
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル