【レポート】

アップルが目指すiOSの新たな成長路線が見えた - WWDC 2014キーノートスピーチ、私はこう見る(小山安博編)

1 開発者会議にふさわしい内容に

 
  • <<
  • <

1/5

「WWDC 2014」のキーノートスピーチ。iPhone 6を初めとした新デバイスの発表はなく、新OSの「iOS 8」もマイナーチェンジにとどまったと見えてか、一般ユーザー反応はマチマチだ。では、日々、携帯電話関連のニュースに携わるライターの目にはどのように映ったのだろうか。小山安博氏に所感を記してもらった。

米Appleの開発者会議「WWDC 2014」が今年も開催され、キーノートにCEOのティム・クック氏が登壇。Mac向けの新OSとなる「OS X Yosemite」とiOSの新バージョン「iOS 8」を披露した。ハードウェアの発表はなく、新OSと新開発言語を発表するなどソフトウェアに特化し、開発者会議にふさわしい内容だった。逆に言えば、開発者以外に向けたトピックスがあまりなかった、ともいえる。

新プログラミング言語Swiftが発表

WWDC自体は、基調講演に続いて開発者向けのセッションなどが用意されており、もともと開発者に向けたイベントだ。むしろ、ハードウェアが発表されることが例外で、今回も、少なくともiOS端末が発表される見込みはなかったし、業界内で発表されると考えていた人はいないだろう。

それでも、Mac製品のアップデートはあり得る話だったが、今回はそれもなく、ティム・クック氏に加えて説明を担当したのはSoftware Engineering Senior Vice Presidentのクレイグ・フェデリギ氏だった。

そして発表内容である。最大のトピックスは新OS XのYosemite(ヨセミテ、米カリフォルニア州の国立公園の名だ)とiOS 8。WWDCとしては、新しい開発言語となる「Swift」も大きな話題だろうが、ここでは触れない。特にiOS 8について振り返ってみたい。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 開発者会議にふさわしい内容に
(2) 飽和しかかったiOS
(3) フレームワークを開発者に用意
(4) アップルの強み
(5) アップルの目指す独自性

人気記事

一覧

新着記事

トム・ハンクス、主演作引っさげ3年ぶり来日決定! 衝撃の最新予告も公開
[05:00 7/27] エンタメ
[Free!]劇場版「ハイ☆スピード!」BDがオリコン首位 発売初週に1.5万枚
[04:00 7/27] ホビー
[桑田佳祐]映画主題歌8年ぶり書き下ろし 監督・内村光良が直筆オファー
[04:00 7/27] エンタメ
「Free!」の新作劇場版『映画ハイ☆スピード!』がオリコンBD総合首位を獲得
[04:00 7/27] ホビー
桑田佳祐、ソロで8年ぶり映画主題歌! まさかの"手紙"に内村光良も男泣き
[04:00 7/27] エンタメ