【レポート】

猫付きマンションに付いてくる猫を見に、東京都・大塚シェルターに潜入

 

現在大変話題になっている猫付きマンション。飼い主のいない保護猫の譲渡活動などを行うNPO法人キャットガーディアンが考案した猫のための保護システムだ。今回は、猫付きマンションに付いてくる実際の猫を見るため、東京都・大塚にある保護猫カフェに潜入した。

猫付きマンションとは

対象の猫は、シェルターにいる1歳以上の成猫だ

保護されている猫たちを、保護猫カフェから預かり、一緒に暮らすことができるのが猫付きマンション。猫を飼うのはもちろん強制ではなく、入居者の自由。猫を希望した入居者は、キャットガーディアンが運営する保護猫カフェから、一時預かりの形で、猫(1歳以上の成猫)を引き取ることができるのだ。猫を預かっている際の食事代や医療費などは入居者負担となる。

そして、もし引越しをした際など猫と暮らすことができなくなった際は、キャットガーディアンに猫を返すことができる。(もちろん、猫をそのまま引き取ることを選ぶ人もいる)。

実際に会いに行ってみた

大塚シェルターの内部の様子

さて、入居者はキャットガーディアンが運営する保護猫カフェから猫を選び、引き取ることができる。その対象の猫たちがいる場所に、実際に足を運んでみた。今回訪れたのは、東京都・大塚にある「キャットガーディアン 大塚シェルター」だ。

ビルの最上階に、その保護猫カフェはあった。天井がガラス張りになっており、室内に日光がきちんと当たる。これならば、猫たちも大好きな日光浴ができるだろう。

室内に入ろうとすると、入り口のところに大きな茶色の猫がいた。ドアの外から見ていても、「あ、この子、脱走しようとしているな」とわかるほど、目がギラついていた。この子が余所見をしている間に、すばやく室内に入る。

とても大きな猫ちゃんで、足もかなりモフモフ。いわゆる長毛種というやつだ。

猫は体が非常に柔らかい。この子も例外でなく、足をピーンと垂直に伸ばして器用に体のお手入れをしていた。

足の先まで毛がモフモフ。肉球が隠れるほどだ。

次に出迎えてくれたのはこちらの猫ちゃん。頭だけに模様が集中している愛らしい猫だ。きれいに毛づくろいをしている。

美しい白猫もいた。目の縁や口元、鼻など、全体的に薄いピンク色がさしており、実に可愛らしい印象。

肉球も小さめで、まるで子猫のままのようだ。

シェルターにいる猫は実に様々。見た目だけでもかなりの差異がある。黒猫やサビ猫、キジトラや茶トラなど、それぞれに個性があった毛色で実に可愛らしい。

まったりくつろぐこちらの猫様。長毛種の猫ちゃんで、後ろにあるゴージャスな爪とぎとやけにマッチしている。近寄ってみると、日向ぼっこが終わった直後の、あの猫特有の良いにおいがした。

シェルターにはいくつか部屋がある

大塚シェルターには、最上階のガラス張りの部屋以外にも、個室がいくつかある。入り口付近の個室に入ってみると、ブルーの美しい毛色をした猫ちゃんに出迎えてもらった。

なんっっっっっっっと可愛らしい後頭部だろうか。しゃがんで顔を近くで見てみると、ますます愛らしくてたまらない。私のひざに擦り寄ってきて、挨拶をしてくれた。

ユニークなしっぽの子を発見

ほかにも、ユニークな毛色の子がいた。一見茶色と白の猫ちゃんだが、しっぽの箇所だけ色が濃いのだ。

しゃがんで顔を見てみると、鼻の先に小さな色が。これも模様なのだろう。実にすばらしいチャームポイントだ。

模様が飛び火してる

こちらでスヤスヤお休みの子も面白い模様だった。右の耳の先に薄い黒が入っており、模様が飛んでいる。

後ろから見るとこうだ。可愛らしい後頭部に、小さく黒い点が乗っている。模様が飛び火しているように見えて、実に面白い。

ケージの中でくつろいでいる猫ちゃんもいる。こちらの子はまるでヒゲが両の鼻の穴から出ているような模様をしている。ダンディーで実におしゃれな模様だ。

シェルターの猫たちに会いにいこう

今回、猫付きマンションについてくる、引渡し対象の猫たちの姿を実際に見に行った。どの子もみなよく手入れされており、模様も実に魅力的。

猫付きマンションへの入居を検討していなくても、こちらの大塚シェルターにはもちろん気軽に遊びに行くことができる。たくさんの猫ちゃんたちに会いに、是非一度足を運んでみてはいかがだろうか。

現在展開されているシェルターは下記の通り。

■大塚シェルター
場所:東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンドビル5F
オープン時間:平日14:00~20:00/土日祝日13:00~20:00
定休日:火曜

■西国分寺シェルター
場所:東京都府中市武蔵台3-43-9エクセレントTR1F
オープン時間:平日14:00~20:00/土日祝日13:00~20:00
定休日:火曜

■保護猫カフェ蒲田とらくん
場所:東京都大田区蒲田5丁目20-7 K520ビル8F
オープン時間:11:30~22:00 不定休
入場料:250円/15分

※大塚シェルターと西国分寺シェルターに関しては、入場料などは設けていないが、保護活動を継続するための寄付をお願いしているとのこと。

そのほかの画像

人気記事

一覧

2016年7月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事

J・J・エイブラムス、SW「フォースの覚醒」のレン騎士団スピンオフ作を熱望!?
[19:07 7/25] エンタメ
兄弟の愛憎描く「天智と天武」ビッグコミックで完結、「機械仕掛けの愛」も登場
[18:41 7/25] ホビー
損保ジャパン日本興亜、事故調査のドローン飛行に関する包括許可を取得
[18:40 7/25] マネー
Pokemon GO、次のステップはポケモン追加とトレーディング機能? - 海外報道
[18:35 7/25] スマホとデジタル家電
[AKB48柏木由紀]初主演舞台に全力 「全て捨てたつもりで」
[18:30 7/25] エンタメ