【ハウツー】

iOSの『Safari』の表示が重いかも? と感じたときは、この設定をチェック!

 

iOSに標準装備のWEBブラウザ『Safari』は、HTMLを解釈し描画するレンダリングエンジン以外にも、さまざまな改良を施すことでスピードアップを図っている。いちど取得した画像やテキストをディスクに一時保管し次回以降の表示に生かしたり(ページキャッシュ)、WEBページ上にあるリンクをたどるときに必要な名前解決を事前処理したり(DNSプリフェッチ)、といった積み重ねがSafariの高速性を支えているともいえる。

ユーザの一歩先を行くような処理も行われている。スマート検索フィールドに語句を入力すると、「Google検索」や「ブックマークと履歴」を対象に検索の下処理を行い、ユーザが目的としている可能性が高い情報を先読みして表示してくれるのだ。入力した語句がアクセス頻度の高いWEBサイトと部分一致した場合は、「トップヒット」に表示し、そのサイトのデータを先読みしてくれる。

しかし、この「トップヒット」はユーザによっては必要ないかもしれない。先読み処理にCPUパワーが割かれるため、ページを表示(レンダリング)する速度にも影響する。アクセスしなければ先読みしたデータもムダになってしまうのだ。

WEBサイトにはブックマークやリーディングリストからアクセスする、検索はするけれどトップヒットをタップした記憶がないという場合は、「トップヒット」を無効化することもひとつの方法だ。スマート検索フィールド使用時のレスポンス向上に効果があるほか、トップヒットに表示されたサイトを先読みしなくなるため、バッテリー消費やデータ通信量の節約にもなる。Safariをもっとサクサク使いたいときには、試す価値があるだろう。

操作手順をカンタン解説

1 デフォルトの設定では「トップヒット」に表示されたWEBサイトのデータを先読みするため、iPhoneに負荷が生じる。アクセスしなければ、それもムダになってしまう

2 トップヒットの事前読み込みを停止するため、『設定』→「Safari」の順に画面を開く

3 「スマート検索フィールド」をタップする

4 「トップヒットを事前に読み込む」スイッチをオフ(白)にすると、トップヒットに表示されたサイトの事前読み込みが行われなくなる

(提供:iPad iPhone Wire)

人気記事

一覧

新着記事

A.B.C-Z・塚田僚一、キスマイ・千賀健永に謝罪!? - "ジャニマネレストラン"で10年越し事実発覚
[21:00 7/29] エンタメ
福島交通飯坂線、7000系に代わる新車両1000系導入へ - 3カ年計画で全車更新
[20:49 7/29] ホビー
東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」が業界初の"HLG方式のHDR"に対応
[20:43 7/29] スマホとデジタル家電
写真甲子園2016、島根県立大田高校が初優勝 - 「笑顔の写真は撮らない」
[20:39 7/29] スマホとデジタル家電
TVアニメ『ワンピース』、新章「ゾウ編」突入! 新キャラ&キャストを発表
[20:33 7/29] ホビー