【ハウツー】

テザリングをBluetoothで行うメリットはあるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「テザリングをBluetoothで行うメリットはあるの?」という質問に答えます。

***

テザリングは、iPhone 5やiPhone 5sのモバイル回線を他のデバイスに開放し、Wi-Fiルータのように利用できるようにする機能です。テザリングを有効にしておけば、モバイル回線に直接接続できないがWi-FiやUSBポートは備えているパソコンやタブレットをiPhone経由でインターネットに接続できます。

テザリングの接続経路は、Wi-FiとBluetooth、USB(Lightningケーブル)の3通りあります。うち前2者がワイヤレス接続ですが、通信速度ではWi-Fiに軍配が挙がります。通信速度だけでいえば、あえてBluetoothを選択する意味はないでしょう。

しかし、接続にBluetoothを利用すると、親機(iPhone)に触れることなく子機(パソコン/タブレット)を操作するだけでテザリングを開始できるというメリットがあります。テザリングを終了するときも、子機側からBluetoothを切断する操作を行えば確実に通信が切断されます。『設定』の「インターネット共有」画面を開いておかないと子機側に認識されないことがあるWi-Fiに比べると、接続開始/終了はかんたんです。

テザリング待ち受け状態のときバッテリー消費量が少ないことも大きなメリットです。一方のWi-Fiは待ち受け状態でそれなりにバッテリーを消費するため、いつ接続があるかわからない状態が長時間続くと充電の心配がでてきます。

もっとも、Bluetoothでテザリングするときの通信速度は、下りが1.4~2.0Mbps前後、上りが1.5~1.7Mbps前後といったところですから、大容量ファイルをアップロード/ダウンロードする用途には適しません。ちょっとしたメールの送受信など、軽い作業が予想されるときに利用するといいでしょう。

テザリングの接続方法にBluetoothを利用すると、パソコンなど子機側から操作するだけでテザリングを開始/終了できます

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事