【ハウツー】

最近よく聞く「VoLTE」とは? 利用者にはどんなメリットがある?

1 VoLTEの特徴

 
  • <<
  • <

1/2

目下、スマートフォン分野で注目されるキーワードのひとつに「VoLTE」がある。LTE回線を利用した音声通話システムのことだが、その特徴はどのようなものなのだろうか。利用者にはどのようなメリットがあるのか。

VoLTEの特徴

VoLTE(Voice over LTE、ボルテ)とは、第3.9世代移動通信システムであるLTE回線を利用した音声通話システムのこと。LTEに対応した携帯電話/スマートフォンで音声通話する場合、LTEには回線交換網が存在しないため3Gネットワークに切り替えていたが(CSフォールバック)、VoLTEではその必要がない。VoLTEが実現されれば、データ通信はLTEで音声通話は3Gという二重構造が不要となるのだ。

エンドユーザにとってVoLTEのメリットは、音声品質の向上が期待できること。VoLTEの音声符号化方式(コーデック)には、既存の3Gで利用されているAMR-NB(Adaptive Multi-Rate Narrow Band)が必須コーデックとして規定されているほかに、より高音質なAMR-WB(Adaptive Multi-Rate Wide Band)も用意されている。サンプリング周波数はAMR-NBの8kHzに対しAMR-WBは16kHz、ビットレートもAMR-NBの最大12.20Kbpsに対しAMR-WBでは最大23.85Kbpsと、その情報量の差は大きい。ビットレートなど条件はそのときの通信環境や端末により変わるが、おおむねPHSと同等以上の音質と考えていいだろう。

CSフォールバックとVoLTEの違い(NTTドコモが情報通信審議会 情報通信技術分科会に提出した資料より)

低遅延もVoLTEのメリットといえる。LTEにはQoS(Quality of Service)制御機構があり、そのパラメータ(QCI)には帯域制御の有無や遅延許容時間などに応じて9段階の優先度が設けられているが、VoLTEではそのうち遅延許容値が100msかつ帯域保障型の通信が行われる。LINEなど一般のIP通信として扱われる音声通話は遅延が200~400ms前後とバラつきがちで、帯域保障がないうえ時間帯など条件に左右されることから、VoLTEのほうが有利だ。

キャリア側には、電波の利用効率アップというメリットがある。3Gに切り替えるCSフォールバックでは通話先までの伝送路が通話中占有されてしまうが、パケット通信で音声データをやり取りするVoLTEでは効率よく周波数帯域を利用できる。そしてVoLTEへの移行が進めば、3Gの回線設備を維持し続けるコストを減らすことができ、回線に余裕が生じれば現在3Gが使用している周波数帯域をLTEに割り当てることも視野に入るというわけだ。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) VoLTEの特徴
(2) VoLTEはどの端末で使えるのか

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー