【レビュー】

『モンスターハンターポータブル 2nd G』iOSアプリで登場――操作感は? グラフィックは? 課金なしの理由とは?

1 かつてモンハンを遊んでいて、今は離れてしまった人たちへ

  • <<
  • <

1/3

人生でもっとも夢中になったゲームタイトルを挙げろと言われたら、真っ先に出てくるのが『モンスターハンターポータブル 2nd G』、いわゆる『MHP2ndG』である。ほかにもハマった作品はいくつかあるが、のべ数千時間を費やしたゲームは、後にも先にもこれ一つだけだ。筆者にとっては初めてのモンスターハンターでもあり、さまざまな出会いをもたらしてくれた思い出深い作品でもある。

『モンスターハンターポータブル 2nd G』がiOSアプリとしてリリースされた

そんな『MHP2ndG』が、なんとiPhone/iPadでリリースされるという発表が飛び込んできた。(現在配信中/1,600円)えっ、いやまさか、嘘でしょう!?……思わずそんな風に聞き返してしまうくらいには衝撃であった。頭の中は「?」でいっぱいだ。本当にフルパッケージで移植されるのか。グラフィックはどうなるのか。そもそも本当にiPhoneで動くのか。PSPのすべてのボタンを駆使した複雑な操作はタッチパネルでどうなるのか。疑問は尽きない。

百聞は一見にしかず。実際に『MhP2ndG』をプレイして、そのあたりを確かめてみるこ とにしよう。幸い、本作の製作陣にも話を聞くことができたので、そちらと合わせて本作をレビューしていくことにする。

まさかiPhoneでMHP2ndGを遊ぶ日が来ようとは

ユニバーサルアプリなので、一度購入すればiPadでも遊べる

先に言っておくと、今回の『MHP2ndG』はオリジナル版とほとんど同じ内容、つまりフ ルパッケージだ。イベントクエストもコラボ系を除き、最初からすべて入っている。昨今のスマホゲームはアプリ本体を無料で提供し、アイテムやガチャに課金するというシステムが主流になっているが、『MHP2ndG』はあえて「1,600円で売り切り追加課金なし」と いうスタイルでリリースされた。実はここはカプコン社内でもかなり意見が分かれたところだという。

単純に儲けることだけを考えるなら、アイテム課金やガチャを用意した方が間違いなく稼げるからだ。ビジネスである以上、より収益性の高い方向へ流れるのは仕方ないし、実際カプコンからもそうしたスマホゲームは多数リリースされている。

しかし、確実にそっちの方が儲かることがわかっていても、製作陣はあえて今作を売り切りスタイルで販売することにした。「『MHP2ndG』に関しては、どうしても売り切りで やりたかったのです」と担当者は言う。なぜなら、本作は「かつてモンハンを遊んでいて、今は離れてしまった人に戻ってきてもらいたい」のが最大の狙いだからだ。

MHP3rdでもなく、MH3(トライ)でもなく、『MHP2ndG』を選んだのもそのためだ。「MHP2ndGは、モンスターハンターシリーズが世の中に広まるきっかけになった作品」であり、多くのモンハンユーザーにとって特別なタイトルなのである。

さあ、起動してみよう。アプリを立ち上げると、カプコンのロゴに続いて、懐かしいオ ープニングムービーが流れ始める。次にタイトル画面。キャラクターを作成して、ゲームスタート。このあたりの流れはオリジナル版とまったく同じである。

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) かつてモンハンを遊んでいて、今は離れてしまった人たちへ
(2) グラフィックはすべてHD化という気合の入れよう
(3) 個人的にはほぼ100点の移植といえる出来
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事