【レポート】

KDDI、今夏にもLTE-Advancedの技術を導入 - 下り最大150Mbpsエリアを一気に拡大へ

1 LTEエリア化の現状は

 
  • <<
  • <

1/3

KDDI、沖縄セルラーは2014年夏を目処にLTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術であるキャリアアグリケーション(CA)を日本で初めて導入する。CAにより複数の周波数帯で同時にLTEのデータ通信が行えるようになる。これにより利用者は「受信最大速度150Mbps」の高速通信が「より安定的に」利用可能になる。21日、都内では記者説明会が開催された。

KDDI(au)の2014年 夏モデルとして、LTE-Advancedが利用できる機種の投入が予定されている

説明会の冒頭、KDDI 技術統括本部長執行役員常務の内田義昭氏が登壇した。同社がLTEサービスの提供を開始してから1年半あまりが経つ。LTEエリアの構築を進めた結果、13年3月時点で96%だった「800MHzLTE」の実人口カバー率は14年3月時点で99%に到達したという。内田氏は「auの強さは、エンジニア力の強さにある」として、基地局を迅速に立ち上げられる技術力に胸を張った。

登壇するKDDI 技術統括本部長の内田義昭氏(写真左)。800MHz LTEの実人口カバー率は14年3月時点で99%にまで達した(写真右)

同社では現在、全国のあらゆるところで800MHzLTEのエリア化を進めている。例えば、98ある新幹線の全駅、772の全大学、84の全空港、709の全ショッピングセンター・アウトレットで利用可能になった。サービスエリア、温泉、道の駅といった各所でもエリア化を進めている。2.1GHzLTEの実人口カバー率も15年3月末には90%を超える見込みだ。

全国のあらゆるところで800MHz LTEのエリア化を進めている。2.1GHzLTEに関してもエリアを拡大中。15年3月末に90%を超えるという(写真右下)

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) LTEエリア化の現状は
(2) CA導入で下り150Mbpsエリアが大幅増に
(3) WiMAXとの兼ね合いは?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、より薄く狭くなった4K HDR対応の43V型/49V型「BRAVIA X8300D」
[13:57 8/30] スマホとデジタル家電
男性が育休取得しない理由、「仕事を代わってくれる同僚がいない」が1位
[13:55 8/30] シゴト
AED、中小企業の5割が「未設置」 - その理由は?
[13:54 8/30] シゴト
坂上忍、高畑容疑者報道「今年一しんどい」と吐露 - 出演者と3度口論に
[13:52 8/30] エンタメ
最近パクチー足りてる? パクチーづくしのタイ風居酒屋に行ってきた
[13:52 8/30] 趣味