【レポート】

AppleとSamsungの新たな裁判から見えてくるもの - 松村太郎のApple先読み・深読み

1 新たな裁判での5つの争点

 
  • <<
  • <

1/5

本連載ではAppleが取り組むiPhoneやモバイルサービス、そしてこれから作りだされる未来の生活などについて、ジャーナリストの松村太郎氏が深読み、先読みしながら考えていく。今回は「AppleとSamsungの新たな裁判」をテーマに、そこから見えてくるAppleの意図を読み取ってみる。

***

iPhoneとGALAXY Sは、ハイエンドスマートフォンの人気を二分する存在となっている。しかしその状態が気に入らないのがApple。「Samsungの製品開発プロセスにiPhoneを模倣することが含まれている」とは、AppleとSamsungの間で新たに始まった知的財産の侵害を巡る訴訟で述べられたApple側の主張だ。

前回の裁判に続いて、Samsungのモバイル部門トップらによる「デザインの危機」について語られたメールがApple側の弁護士から出された。2010年2月当時のSamsungのデバイスのユーザー体験とiPhoneを比較すると天と地の差で、iPhoneがスタンダードを決めている状況を指摘し、「iPhoneのようなモノを作ることがモバイルキャリアを喜ばせる」という内容だ。

今回新たに始まった裁判では、Appleが有する次の5つの知財をSamsungが侵害し、Appleの得られる利益を損なわせたことが論点となっている。その5つとは次の通りだ。

  • クイックリンク

メールやメッセージの文中から素早くデータを見つけ出し、リンク化する。例えば電話番号や日付、FedExのトラッキング番号などがリンク化され、タップするとそれぞれに必要な動作をしてくれる。

  • ユニバーサルサーチ

SpotlightやSiri等で利用される、端末横断検索。電話帳やスケジュールの情報、アプリなどを串刺しで検索できる。

  • バックグラウンド・シンク

カレンダーやメール、連絡先などをバックグラウンドで同期する。

  • スライド・トゥ・アンロック

端末のロック画面をスライドしてロック解除する機能。

  • プリディクティブ・テキスト

テキストの予測入力機能。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 新たな裁判での5つの争点
(2) 何気ない機能が争点
(3) スマートフォンを規定してきたApple
(4) ソフトとハードで先行するAndroidスマホ
(5) 泰然自若なApple

人気記事

一覧

新着記事

総務省、「ポケモンGO」に関する注意喚起 - ポケストの削除依頼方法も案内
[15:36 7/27] スマホとデジタル家電
春雨スープやグラノーラも!? 実はダイエット向きじゃない食品6選
[15:34 7/27] ヘルスケア
『ガヴリールドロップアウト』のTVアニメ化が決定! メインスタッフを公開
[15:32 7/27] ホビー
Windowsのプロダクトキーをコマンドで知る方法
[15:30 7/27] 企業IT
TVアニメ『初恋モンスター』よりラバストなどユニークなグッズが登場
[15:15 7/27] ホビー