【レポート】

「第3回将棋電王戦」閉幕、プロ棋士1勝4敗 - 約1カ月の激戦をプロ棋士と開発者が振り返る

1 MVPに輝いたのは、習甦の開発者・竹内章氏

 
  • <<
  • <

1/4

5人のプロ将棋棋士がコンピュータ将棋ソフトと団体戦で戦う「第3回将棋電王戦」がプロ棋士1勝4敗という結果で12日に幕を閉じ、最終戦・第5局の終局後に東京・千駄ヶ谷の将棋会館にて全体記者会見が行われた。

会見には、日本将棋連盟会長・谷川浩司九段、「第3回将棋電王戦」主催のドワンゴ・川上量生会長に加え、対局を終えた5名のプロ棋士と、5名のコンピュータ将棋開発者が出席。プロ棋士側にとって今年は、昨年の「第2回将棋電王戦」1勝3敗1分の成績を下回る結果となってしまったが、3月15日~4月13日まで約1カ月にわたった激闘を振り返るとともに、それぞれの想いや今後の展望について語っていった。

MVPに輝いた習甦の開発者・竹内章氏

なお、会見の前には「第3回将棋電王戦」のMVPも発表。プロ棋士側から豊島将之七段、ソフト側から習甦の開発者・竹内章氏がニコニコ生放送の視聴者からの投票で選出され、この二人の決戦投票で竹内氏がMVPに輝いた。スポンサーの日産自動車より『日産 エルグランド』が贈呈され、竹内氏は「豊島先生かと思っていたのでびっくりです。どうもありがとうございました」と言葉少なに語りながらも、笑顔を見せていた。

第1局・菅井竜也五段 対 習甦

第1局観戦記 菅井竜也五段 対 習甦 - 菅井五段の誤算は"イメージと事実の差

習甦開発者・竹内章氏:先ほどのMVPの受賞でまだびっくりしているところがあります。MVP、将棋の内容はもちろんですが、対局していただいた菅井先生から、練習対局で色々な手を指して「本当に楽しかった、また自分も強くなれた」と言ってくれたことがそれ以上にうれしかった。その後の公式戦でもしっかりと結果をだされており、本当に自分のことのように喜んでおりました。コンピュータは決して人間を打ちのめすものではなく、人間を手助けするものです。今後、コンピュータを通じて将棋の新境地が再発見されたり、将棋のレベルがどんどんあがっていくことになれば、いち将棋ファンとして、開発者のひとりとして大変うれしく思っています。この一カ月間、毎回のように控室にお邪魔し、さまざまな方と知り合い、交流させていただき、本当に充実した一カ月でした。本当にありがとうございました。

菅井竜也五段:習甦との将棋は本当に力負けという風に感じました。ただ、普段から習甦と一生懸命に研究していたのですが、その中で自分の成長を知ることができたので、その点は本当によかったです。自分はもうちょっと成長する可能性があると思っていますから、習甦と一緒に強くなっていけたらいいなと思っています。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) MVPに輝いたのは、習甦の開発者・竹内章氏
(2) 磯崎氏「どうやったら互角になるのかと色々考えさせられた電王戦」
(3) 森下九段「将棋は99手うまい手をやっても一手ミスがあるとすべてパーというゲーム」
(4) 谷川会長「今後の電王戦に関してはまったく未定」

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[朝が来る]テレビ欄に原作・辻村深月の作品名 「“辻村愛”感じて」 安田成美&川島海荷のヒューマンドラマ
[08:00 7/30] エンタメ
偽Pokemon GOアプリから身を守る方法
[08:00 7/30] 企業IT
ベッキー、武道館イベントに感激「ただただ幸せ」騒動後初めてファンの前に
[08:00 7/30] エンタメ
吉木りさ&和田正人、ブログで交際宣言「あたたかい目で見守って」
[08:00 7/30] エンタメ
鉄道トリビア 第365回 全国に4駅ある赤坂駅と愛媛県の五十崎駅、その共通点は…
[08:00 7/30] ホビー

本音ランキング