【ハウツー】

通話中にバッテリーが切れたら、どうなります? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「通話中にバッテリーが切れたら、どうなります?」という質問に答えます。

***

iPhoneは、バッテリー残量が20%または10%を下回ったタイミングで警告を発します。そのうえホーム画面右上のバッテリーインジケータが赤くなるので、ふと気付けばバッテリーが残りわずか、ということがありません。画面の明るさや起動しているアプリの種類など、iPhoneの使い方にもよりますが、20%を下回った時点で速やかに充電することをお勧めします。

バッテリーの残量がなくなる直前、iPhoneはシステムを強制終了します。iOS 7の場合、画面中央に回転する歯車のようなアニメーションが表示され、iOSはシャットダウンされます。そうなると、起動可能な量までバッテリーが充電されないかぎり、iPhoneの電源をオンにすることはできません。

通話中といえど、特別扱いはありません。音声通話に使う『電話』といえどアプリのひとつですから、iOSのシャットダウン時には強制終了されます。かつての携帯電話(フィーチャーフォン)のように、バッテリー切れ直前に警告音で知らせることはありませんから、突然通話が途切れてしまうことになります。

ところで、バッテリー残量を過信することは禁物です。バッテリーは充放電回数に限りがある、つまり「寿命」がある部品ですから、使用期間や使い方次第では予想どおりのペースで減少しなくなることもありえます。つい先ほどまで残量20%だったが気がつくと電源が落ちていた、ということがないように、警告を受けたら早めに充電するよう心掛けましょう。

バッテリー残量が20%と10%を下回ったタイミングで警告してくれますが、強制シャットダウン開始直前にはなにも教えてくれません

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『ガンダム THE ORIGIN』MSD水中型ガンダムがHG化、各武器にギミック搭載
[21:00 7/25] ホビー
アイマス・デレマス・ミリマスの3アイドルが集結! 10周年メモリアルフィギュアに
[20:30 7/25] ホビー
Aerocool、ファンコントロール機能搭載のミドルタワーケース「DS 230」
[20:19 7/25] パソコン
仮面ライダーアマゾンアルファがRAHに登場、ワンフェスで圧倒的な存在感放つ
[20:00 7/25] ホビー
オンキヨー&パイオニアのAVレシーバーにDTS:X対応ファームウェアを提供
[19:55 7/25] スマホとデジタル家電