【レポート】

ヤフーのイー・アクセス買収は捨て身の行動か - 携帯電話事業参入の狙いを考察

1 イー・アクセス買収で何も変わらない?

 
  • <<
  • <

1/6

ヤフー(Yahoo!)によるイー・アクセス買収が27日に発表された。翌28日のヤフー株価は5カ月ぶりの下落率を記録し、市場では評価されなかったようだ。イー・アクセス買収は、ヤフーの捨て身の行動になってしまうのか。3月27日に開催された緊急記者会見の模様とは別に、ここでは買収の背景や今後の展開について考察してみる。

既報の通り、ヤフー(Yahoo!)によるイー・アクセス買収が3月27日に発表された。翌28日のヤフー株価は5カ月ぶりの下落率を記録し、今回の買収は市場では評価されなかったようだ。ヤフーのイー・アクセス買収はヤフーの捨て身の行動になってしまうのか。27日に開催された[緊急記者会見の模様は当日のレポート記事を参照いただくとして、ここでは買収の背景や今後の展開について考察してみる。

Y!mobileのロゴ

ヤフーによるイー・アクセス(ウィルコム)買収で何が変わるのか?

6月スタートが予告された「Y!mobile (ワイモバイル)」のサービスだが、ヤフー代表取締役社長の宮坂学氏によれば、料金体系などサービスの詳細はこのタイミングで発表されることになるという。つまりまだ現在は今後の展開について予測の範囲を出ないが、結論からいってしまえば「ほぼ変わりない」といっていいだろう。

取引そのものはヤフーが、ソフトバンクの持つイー・アクセス株の99.68%を取得するというもので、構図的にはソフトバンク直下にあったイー・アクセスがヤフー傘下へと移った形だ。ヤフーの資本構成は本国Yahoo!のものも含まれやや複雑なものの、ソフトバンクが同社議決権の42.2%を握っており、実質的子会社となっている。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) イー・アクセス買収で何も変わらない?
(2) 買収でも変わらないこと
(3) 買収で変わること
(4) ソフトバンクに求められること
(5) なぜいまさら携帯キャリアを目指すのか
(6) Y!mobileに感じる無限の可能性

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ダウンタウン、解散や引退に言及 - 松本人志「解散はない」
[08:34 9/30] エンタメ
【特別企画】ランサムウェア対策に重要なのはバックアップ!? 感染時に必要な対策とは
[08:32 9/30] IT製品比較
鈴木亮平が銭形のとっつあんに大変身! ドラマ『銭形警部』2017年放送
[08:30 9/30] エンタメ
ロジテック、LightningとUSB-Aコネクタを備えたUSBメモリ
[08:24 9/30] パソコン
さだまさし、大ファンの『鬼平』出演 - オファーに「出るに決まってるだろ!」
[08:23 9/30] エンタメ