【レポート】

佐藤六段に待ち受けていた光と闇「第3回将棋電王戦」第2局 -罠をかいくぐり最後に生き残ったのはどちらか

1 居飛車でじっくりとした戦いになれば、プロ側に勝機はある

宮本橘  [2014/03/26]
  • <<
  • <

1/5

3月22日、将棋のプロ棋士とコンピュータ将棋ソフトが戦う「第3回将棋電王戦」第2局、佐藤紳哉六段対やねうら王の一戦が、両国国技館で行われた。対戦形式は5対5の団体戦で、第1局は将棋ソフト「習甦」が制している。プロ棋士側は連敗すれば早くも後がなくなる重要な一戦である。

第2局の会場は両国国技館。言わずと知れた相撲の聖地である

将棋電王戦の第1局が行われていた日、筆者は将棋のタイトル戦のひとつ「棋王戦」の前夜祭の取材で富山県にいた。現地ではもちろん電王戦が話題の中心で、関係者の誰もがプロの勝利を期待していた。だが、第1局はプロが敗れた。内容的にも完敗である。

「この敗戦は痛い。もしかすると全敗するんじゃないか」と、がっくり肩を落とす関係者たち。筆者も同じ思いだった。しかし、それから1週間経って第2局を迎えてみると、関係者の雰囲気は変わっていた。「菅井五段の敗戦はプロ側にとって痛いが、勝負はこれから」と前向きになっていた。

佐藤紳哉六段

菅井五段は生粋の振り飛車党だが、実は振り飛車という戦法が対コンピュータ戦の相性が良くないことは、昨年の「第2回将棋電王戦」のときからプロ間では噂されていた。また、菅井五段は踏み込んで切り合う棋風だが、それも対コンピュータ戦ではリスクが高いと見られていた。

それでも「菅井五段ならば――」という期待感は当然あったが、結果は完敗。予想されていたリスクが、いずれも悪いほうに出てしまった形である。しかし、第2局の佐藤紳哉六段を始め、以降に登場する棋士はいずれも居飛車党だ。そして切り合うよりも、じっくりとした戦いでねじり合う棋風の持ち主ばかりである。

「居飛車でじっくりとした戦いになれば、プロ側に勝機はある」
関係者はそう期待して、第2局の開始を見守った。ただし、懸念される材料はほかにもあった。一時は第2局の開催すら危ぶまれた例の一件である。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) 居飛車でじっくりとした戦いになれば、プロ側に勝機はある
(2) ひとたび盤の前に座れば、言い訳はしないのがプロである
(3) ロボットがいきなり誤動作を起こしたのか?
(4) 15時過ぎ、開戦。後手有利の展開に
(5) 大ピンチで放った起死回生の一手

関連記事

【レポート】菅井五段の誤算は"イメージと事実の差"「第3回将棋電王戦」第1局 - 進化を遂げた習甦の強さ
[2014/3/19]
「第3回将棋電王戦」ソフト2連勝、佐藤六段「相手が強いというより私が弱い」
[2014/3/22]
「将棋電王戦」第2局は「やねうら王」改変前のソフトで対局-ドワンゴが会見
[2014/3/19]
「第3回将棋電王戦」第1局はソフト先勝、菅井五段「あまりいいところがなかった」
[2014/3/15]
【レポート】進化の壁を越えたコンピュータが歴史に新たな1ページを刻む――「将棋電王戦」第二局はコンピュータの勝利
[2013/4/3]
【レポート】「第3回将棋電王戦」【ソフト編】開催までに読んでおきたい電王戦ガイド- 人間が心血を注いだ努力の結晶
[2014/3/11]
【レポート】「第3回将棋電王戦」開催までに読んでおきたい電王戦ガイド【プロ棋士編】 - 人間のリベンジなるか
[2014/3/5]
【レポート】「第3回 将棋電王戦」までに知っておきたいプロ棋士5人の棋風と人物像 - プロ好条件は背水の陣
[2013/10/11]
【レポート】「将棋電王トーナメント」をより楽しむために読んでおきたいコンピュータ将棋の魅力&知識、そして注目ソフト
[2013/10/30]
【レポート】秒間3億手を読む最強ソフト「GPS将棋」はいかにして敗れたか - 最強競う知の祭典「第23回世界コンピュータ将棋選手権」
[2013/5/10]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

パーツ同士のフィット感が気持ちいい、『マインクラフト』消しゴム発売
[21:00 5/31] ホビー
井上芳雄、ブロードウェイに立つ!「時間の許す限り観劇します」
[21:00 5/31] エンタメ
KDDI、1,310万画素カメラ搭載のAndroidガラケー「AQUOS K SHF33」
[20:59 5/31] 携帯
ますだおかだ岡田の娘・結実、父は「面白くない」とバッサリ
[20:58 5/31] エンタメ
KDDI、長時間駆動が可能な大容量バッテリー搭載スマホ「AQUOS U」
[20:54 5/31] 携帯

本音ランキング