【レビュー】

孤高のフィルム一眼スタイルに酔いしれる - 富士フイルムの本気のミラーレス「X-T1」を使ってみた

1 写真愛好家の心を躍らせる外観

 
  • <<
  • <

1/3

発売直前のタイミングだったこともあり、「CP+2014」でタッチ&トライに30分以上の行列を作った富士フイルムのミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」。クラシカルなレンジファインダー風だったそれまでのXシリーズと異なり、ペンタプリズムを持つ一眼レフを想起させる精悍なデザインとなったことも、より多くの写真愛好家を振り向かせた要因のようだ。では、そんな超話題作「X-T1」のレビューをお届けしよう。

「FUJIFILM X-T1」

関連記事
富士フイルム、「X」シリーズ初の防塵・防滴ミラーレス「FUJIFILM X-T1」(2014年1月28日)

唐突だが、「FUJIFILM X100S」は素敵なカメラだった。撮っている間は、設定やピントなどどうでも良かった。ただファインダーを覗いて、シャッターを切る瞬間の気持ちの揺らぎを小気味よくで刻んでいく、そんな感覚に心酔していた。「あなたが今キレイだと感じているのはこの反射でしょ」「この色の深みが撮りたいんだよね」と、カメラが語りかけてくる。そんな感覚さえあった。

もちろん画質も素晴らしかった。繊細な描線、豊かな階調をもつ濃淡の距離。そこに富士フイルムならではのフィルムシミュレーションが加わって、被写体の姿をわき上がるイメージへとさらに近付けていく。

だからこそX-T1には、発表の報を目にした瞬間から期待していたのだ。半ば過剰というほどに。そりゃCP+2014で30分以上並ぶのも無理はないと思った。

CP+2014でのX-T1タッチ&トライコーナー。この注目率!

持つ者を安心させるクラシカルでベーシックなフォルム

そして手にしたX-T1。構えた両手にスッと収まるコンパクトさ。しっかしりた剛性感があり、「いいものを持っている」ことを実感させてくれるフルマグネシウム・フレーム。鋳造やシボ革をイメージさせる表面テクスチャー。アルミ削り出しのダイヤルと目盛り、数字が立体的にひしめきあう軍艦部……。もう、これを肴に酒が飲めそうなデザインではないか。この心躍らせる外観は、X-T1最大の魅力といっても決して大袈裟な話ではない。

今回使用したレンズは「XF 18-55mm F2.8-4 R LM OIS」

液晶モニターは、約104万ドット3型と大型

液晶モニターは90度上を向くので、ウエストレベルの使用も可能

ボディの薄さもフイルムカメラを思い出させる

ただし、それが撮影のしやすさと結び付いているかどうかは少々別の話だ。X-T1はシャッター速度と露出補正、ISO感度設定が独立したダイヤルとして軍艦部に設置されており、絞りはレンズの絞り環で設定する。すべてをオートに設定するとフルオート(プログラム)撮影となり、どれかの要素を任意の数値に設定すると、それが優先される。たとえば、すべてオートの状態から絞りだけを動かしてF値を設定すれば、絞り優先オートになるという具合。すべての要素を任意に設定すれば、マニュアル撮影となる。

XFレンズ側面には絞りのマニュアル/オートを切り替えるスイッチがある

レンズ装着時のバランスを考えたボディ

このシステムが優れているのは、電源を入れる前から撮影設定が行える点と、絞り環のみの操作で絞り優先オートが使える点だ(シャッター速度やISOのダイヤルより、レンズの絞り環が圧倒的に使いやすい)。ダイヤルには「目盛りや数値が書かれているぶん、数値の変化を感覚的に把握して回せる」感覚がある。この量的な数値感覚は、アナログ時計の時間把握にも似ている。

三脚ネジ穴は光軸上からオフセットされている

記録メディアはSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-II対応)

マイクロUSB、ミニHDMI端子とともに、マイクジャックを装備

縦位置バッテリーグリップ用端子

最大撮影枚数はCIPA規格で約350枚。予備バッテリーが必要だろう

縦位置バッテリーグリップ「F VG-XT1」(別売)を装着した状態

バッテリーグリップには本体用バッテリーパック×2が入る

バッテリーグリップには縦位置用のシャッターとコマンドダイヤルを装備

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 写真愛好家の心を躍らせる外観
(2) 楽しくも贅沢な撮影プロセス
(3) 誰もが実感できる高画質に酔いしれる
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

声優・宮野真守、16thシングル「The Birth」のミュージックビデオを公開
[01:46 9/28] ホビー
蒼井翔太、10/19同時リリースのNEWシングル&武道館映像のビジュアル公開
[01:33 9/28] ホビー
『にゃんこデイズ』のTVアニメ化が決定! コミックキューン11月号発売
[01:14 9/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、Blu-ray&DVD第2巻のジャケ写公開
[00:59 9/28] ホビー
[久松郁実]「マガジン」で初表紙 セクシーなビキニ姿に“絶対ほれる!”
[00:00 9/28] エンタメ