【レポート】

iTunes Festival at SXSWレポート - 二日目はKendrick Lamarら、TDE/Black Hippy周辺のラッパーが集結

稲葉雅己  [2014/03/16]

日本時間13日、米国内では初となるiTunesの音楽イベント「iTunes Festival」がスタートしたとお伝えしたが、本稿ではその二日目の様子をレポートする。

12日(日本時間13日)は、Isaiah Rashadに、ScHoolboy Q、Kendrick LamarとTDE/Black Hippy周辺のラッパーが集結。ScHoolboy QとKendrick Lamarは昨年に続いてのiTunes Festival出演となる。

オープニングアクトはIsaiah Rashad。Kendrick Lamar率いるレーベルTDE(Top Dawg Entertainment)の新人だ。デビューアルバム"Cilvia Demo"には、レーベルメイトのJay Rock、この後登場するScHoolboy Qらがゲスト参加している。この日は、その"Cilvia Demo"からのトラックで構成されたパフォーマンスを30分弱披露。

Isaiah Rashad

続くScHoolboy Qはトレードマークのバケットハットを被ってステージへ。メジャーでのデビューアルバムとなる "Oxymoron"からの曲を中心に、 ヒット曲"Hands On the Wheel"や"Druggys"などをプレイ。ジョークの入ったMCを織り交ぜつつ40分弱のパフォーマンスを披露した。

ScHoolboy Q

ラストは最新のシングルである"Man of the Year"。ScHoolboy Qがステージを後にし、TDEのプロデューサー/エンジニアであるDJ MixedByAliが"The Art of Peer Pressure"をつなぐと、Kendrick Lamarが登場、"m.A.A.d City"へとなだれ込む。

Kendrick Lamar

その後は、Michael Fredoの"Jealous"やA$AP Rockyの"Fuckin' Problems"、Young Jeezyの"R.I.P."のカバー曲などを披露。さらに、Jay Rock、TDEの女性シンガー・SZAをゲストに迎え、盛り上げ、聴かせる。アンセムチューン、"Hiiipower"、"Swimming Pools(Drank)"が繰り出されると、怒濤のコール&レスポンス。押し寄せるヴァイヴは渦となってオーディエンスを巻き込む。オーディンスからエナジーを吸い上げ、吸い上げたエナジーをオーディエンスに戻していく。

1時間弱で本編は終了。そして"Kendrick! Kendrick!"と熱いコールが続く中、再びステージへ。

アンコールは"Cartoons & Cereal"。極上のライムを堪能したクラウドは皆、恍惚の表情を浮かべている。最後にKendrickが「俺はビッグになる」という台詞をキめ、iTunes Festivalの二日目が終了した。

過日のColdplayらのライブレポートでも記したよう、今回のiTunes Festivalは、基本的に抽選での入場となる。スケジュールとチケットが入手できなかった都合で三日目以降のレポートは割愛するが、読者の皆様には、是非、期間限定配信のアーカイブを御覧頂きたい。日本時間19時の時点で、大トリのKeith Urbanを除き、すべてのパフォーマンスの様子を無料で視聴可能となっている(Keith Urbanのパフォーマンスもまもなくアップされる予定)。また、ライブの音源は後日限定ライブEPとして配信されることになっているので、こちらにも期待して欲しい。

(C) iTunes Festival at SXSW

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

[本郷奏多]実写版「ハガレン」へ気合 エンヴィー役でビジュアル「近づけるんじゃ」
[14:08 5/29] エンタメ
東国原英夫、上西議員を猛批判「税金の無駄遣い」「即刻クビ」
[14:03 5/29] エンタメ
東京と千葉の境、江戸川に浮かぶ謎の島へドライブに行ったら…
[14:00 5/29] エンタメ
明石家さんまの"落ち込まない思考法"「己を過信せず、今日が己の頂点」
[13:58 5/29] エンタメ
日本最大級のコスプレ専用スタジオに潜入『マツコ会議』
[13:40 5/29] エンタメ

特別企画 PR