【ハウツー】

iOS 7.1にアップデートしたら、Wi-Fi同期できなくなりました!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iOS 7.1にアップデートしたら、Wi-Fi同期できなくなりました!?」という質問に答えます。

***

iOS 5/iTunes 10.5からサポートされた「Wi-Fi同期」は、無線LAN経由でiPhoneとパソコン(iTunes)を同期する機能です。Wi-Fi同期を有効にしておけば、iTunesライブラリに保存している音楽、アプリや写真、ムービーなどのデータをワイヤレスでパソコンに転送できます。iPhoneが電源に接続され、かつ無線LANで通信可能な状態であれば定期的に同期されるので、万が一iPhoneにトラブルがあったときも安心です。

このWi-Fi同期、あるタイミングで利用できなくなることがあります。そのひとつが「iOSのバージョンアップ」で、実際iOS 7.1にアップデートするとWi-Fi同期が利用できなくなります。iOS 7.1へのアップデートが完了した直後、「iTunes Wi-Fi同期を再び有効にするには、ケーブルを使用してコンピュータに接続してください」と表示されたとおりに作業する必要があります。

手順はかんたん、iTunesを起動してLightningまたはDockケーブルでiPhoneとパソコンを接続し、iPhoneの設定画面を開き、「概要」タブにある「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」をチェックします。これで、iOS 7.1へアップデートする前と同様に、Wi-Fi経由でパソコンとiPhoneを同期できるようになります。

iOS 7.1へアップデートすると、Wi-Fi同期が無効化されてしまいます。元へ戻すには、いちどパソコンとケーブルで接続し、iTunesの設定を変更するしかありません

iTunesでiPhoneの設定画面を開き、「概要」タブにある「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」をチェックします

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電