【ハウツー】

iOS 7.1にアップデートしたら、Wi-Fi同期できなくなりました!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

海上忍  [2014/03/16]

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iOS 7.1にアップデートしたら、Wi-Fi同期できなくなりました!?」という質問に答えます。

***

iOS 5/iTunes 10.5からサポートされた「Wi-Fi同期」は、無線LAN経由でiPhoneとパソコン(iTunes)を同期する機能です。Wi-Fi同期を有効にしておけば、iTunesライブラリに保存している音楽、アプリや写真、ムービーなどのデータをワイヤレスでパソコンに転送できます。iPhoneが電源に接続され、かつ無線LANで通信可能な状態であれば定期的に同期されるので、万が一iPhoneにトラブルがあったときも安心です。

このWi-Fi同期、あるタイミングで利用できなくなることがあります。そのひとつが「iOSのバージョンアップ」で、実際iOS 7.1にアップデートするとWi-Fi同期が利用できなくなります。iOS 7.1へのアップデートが完了した直後、「iTunes Wi-Fi同期を再び有効にするには、ケーブルを使用してコンピュータに接続してください」と表示されたとおりに作業する必要があります。

手順はかんたん、iTunesを起動してLightningまたはDockケーブルでiPhoneとパソコンを接続し、iPhoneの設定画面を開き、「概要」タブにある「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」をチェックします。これで、iOS 7.1へアップデートする前と同様に、Wi-Fi経由でパソコンとiPhoneを同期できるようになります。

iOS 7.1へアップデートすると、Wi-Fi同期が無効化されてしまいます。元へ戻すには、いちどパソコンとケーブルで接続し、iTunesの設定を変更するしかありません

iTunesでiPhoneの設定画面を開き、「概要」タブにある「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」をチェックします

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキング、1位は?
[12:37 6/1] マネー
ソフトバンク、アリババ株式を一部売却 - アリババ株79億米ドルを資金化
[12:34 6/1] 企業IT
高島彩、第2子次女出産! ゆず北川悠仁「二児の親父、頑張ります!!」
[12:26 6/1] エンタメ
【レビュー】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが199ドルの"Polaris"ベースGPU「Radeon RX480」を電撃発表
[12:21 6/1] パソコン
バンダイ「LINE」公式アカウントが6/7オープン、たまごっちスタンプを配布
[12:12 6/1] ホビー