【レポート】

Freescale、SDN/NVFに対応した「VortiQa SDN」を発表

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは3月5日、「フリースケールのネットワーク分野への取り組みと今後の戦略」と題した記者説明会を行い、この中で同日発表された「VortiQa SDN」について説明を行った(Photo01)。

Photo01:説明を行われた岩瀬肇氏(デジタル・ネットワーキング製品本部 部長)

近年IoTやらMobile Communicationやらの関係もあり、向こう10年くらいはひたすらネットワーク量が増えてゆく、という予測は各所から出されている訳であるが、こうしたネットワークマーケットで非常に大きなシェアを獲得しているのが同社であるのは良く知られている(Photo02)。

Photo02:もちろんこれは基地局側とバックボーンの話であり、端末側はまた別の数字になるのだが、それはとりあえず措いておく

このマーケットに同社はPowerQUICC~QorIQというラインアップに加え、基地局向けのQorIQ Qonvergeを投入しており、これに続くアーキテクチャとしてQorIQ Layerscapeを既にアナウンスしている(Photo03)。ただこのネットワークの分野で、今後明確に見えているトレンドが2つあり、1つはSDN/NFV、もう1つがLTE/LTE-A/5Gである。今回はこのうち、前者のSDN/NFVについての話題である。

Photo03:いつも思うのだが、初代のQUICC(68Kコア+コミュニケーションプロセッサ)がここに入っていないのは何故なのか?

Photo04:LTEはともかくLTE-Advancedに関してはまだ実験的なサービスが一部で始まるとかそのレベル、5Gに至ってはプロポーザルをまだ集めてる状態なので、このあたりは2020年中に具体的にどうこう、という話はなさそうではある。とは言え、その次の世代には明確に動きがある訳で、これに向けてQorIQ Qonvergeの強化は必要になると認識しているようだ

SND(Software Defiened Network)やNFV(Network Funcitions Virtualization)そのものはもはや珍しい議論ではなく、当然対応すべき項目として既に認識されており(Photo05)、またSDNのメインストリームはOpenFlowをベースにしたものになりつつある(Photo06)。

Photo05:きわめてざっくりしたSDN/NFVの説明

Photo06:SDN≠OpenFlowである(OpenFlowを使わないSDNも存在する)が、OpenFlowを利用したSDNが大多数、というのが現状である。このあたりは別記事(例えばコレなど)を参照されたい

こうした現状に対応する形で発表されたのがVortiQa SDNである。VortiQa SDNには2種類あり、まずはNorthbound APIに対応した「VortiQa ON director Software」、それとSouthbound APIに対応した「VortiQa ON switch Software」である(Photo07)。

Photo07:Photo06の図にVortiQa SDNを当てはめるとこんな図式になる

同社が強調していたのは、これが商用グレードということ(Photo08)。つまりこれを利用するだけで、機器メーカーはすぐにSDN対応製品を構成できる事になる。具体的にこれをどう利用するか? ということで、まずはVortiQa ON switch Softwareを利用したケースである(Photo09)。

Photo08:とはいえ、商用グレードのソフトウェアの提供は主要なネットワークプロセッサベンダーはいずれもやっていることで、なのでここで差別化が出来るかというと難しいのだが

Photo09:これはQorIQベースでデータプレーンを構成した例。VortiQa ON switch Softwareを利用することで、上位のコントローラプレーン機器とOpenFlowで接続される形になる

これは実際のパケット処理をするデータプレーン機器を構成した場合の例だが、ではその上位のコントローラプレーンを構成する場合は?というと、こちらはVortiQa ON director Softwareを使う事になる(Photo10)。

ちなみにこのVortiQa SDNそのものの発表は同日であるが、これに先駆けてPlugfestなどにも参加しており、製品の完成度が高い事をアピールしていた(Photo11)。

Photo10:上位のコントローラプレーンを構成した例。下位のデータプレーン機器と今度はOpenFlowで接続する形になる

Photo11:PlugFestとは要するにOpenFlow機器を製造するベンダーが自社製品を持ち寄って相互接続を確認するテスト。Freescaleはここにリファレンスボードとリファレンスソフトウェアを持ち込んでテストを行ったとの事

また2014年3月24日に同社はメトロセル向けに「QorIQ Qonverge B3421」を発表したが、これについても説明があった(Photo12)。ベースとなるのはデュアルコアのPowerPC e6501で、これにDual StarCore SC3900が搭載されたというQorIQ Qonvergeの構成は変わらないが、256ユーザー向けに十分な処理性能を確保すると共に、省電力性にも注力しており、その1つが今回搭載された「DFE(Digital Front End)」だそうである。実際構成は、「まるでWi-Fiのアクセスポイントみたい」(岩瀬氏)というほどに簡単(Photo14)になっており、基地局の小型化に貢献する。同社はこれで、Femto向けからMacro向けまで同じアーキテクチャでラインアップをそろえた事になる(Photo15)。この先の展開は、先ほど出てきたLTE-Advanced向けといった話になってくるだろう。

Photo12:同社の中ではSmall Cell向けという位置づけにあるとか

Photo13:Small Cell向けということで基地局は小さく収める必要があり、このためにも省電力性が高い事が求められる。DFEの搭載はこの一環という話であった

Photo14:流石にWi-FiはPCIe経由で外部のコントローラと接続する形になる模様

Photo15:上から下まで完全に同じアーキテクチャで統一したことで、同一のソフトウェアを利用できる点が強みだと岩瀬氏は説明した



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事