【レポート】

見た目や機能はどうなる? iPhone 6とiOS、iWatchに関する噂をまとめて分析

1 iPhone 6を巡る噂 その1

 
  • <<
  • <

1/6

iPhone 5s/5cが登場して半年が経過したが、一部ユーザーの目はすでに次世代iPhoneを向いている。今回は、現時点でこの次世代iPhoneに関する噂をまとめ、その内容を検証してみる。

iPhone 6では再びディスプレイサイズと仕様に大幅な変更が加えられる?

iPhone 5で従来の3.5インチから4インチへとディスプレイサイズが拡大し、アスペクト比も従来の3:2から16:9へと縦長のフォルムとなった。複数の報道によれば、こうした変化が次期iPhoneでも再び発生することになるという。

次期iPhoneのディスプレイサイズは? 写真は4インチのiPhone 5s

典型的なものがWall Street Journalが今年1月に報じた「米Appleが4.5インチと5インチ以上の2種類のiPhoneを計画中 - WSJ報道」で、4.5インチと5インチ以上の2種類のモデルが用意されるというものだ。こうした話は昨年2013年後半からすでに各所で出始めており、例えばBloombergは昨年11月に「4.7インチと5.5インチの2サイズで曲面ディスプレイを採用」という関係者の話を基にしたニュースを報じている。サイズや曲面ディスプレイという点で異なるが(大画面版は5.5インチではなく"5.6インチ"説も存在する)、「ディスプレイサイズは2種類」「現行の4インチよりは大型化」という点では共通している。

さらには大胆に、次期iPhoneは3モデルが用意されると予測するメディアもある。上記2モデルに加え、バリューセグメントを狙った小型版「iPhone Air Mini」を用意するという。ハイエンドモデルが「A8」になるとみられる新型プロセッサを搭載するのに対し、この製品は旧型にあたるA7などのプロセッサを採用し、3.5インチのスクリーンサイズが採用されるというのだ。

名称だけでお腹がいっぱいの感もあるが、後述するiPhoneの立ち位置の難しさもあり、今後もAppleが生き残るうえでの選択肢として、こうした製品を発売する可能性もゼロではない。ゆえに大胆に「3モデル登場」という噂も一定の信憑性を持つことになる。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) iPhone 6を巡る噂 その1
(2) iPhone 6を巡る噂 その2
(3) 機能面はどうなる?
(4) 開発進む? Appleのウェアラブルデバイス
(5) iPhone 5cの位置づけ
(6) 2014年はAppleの運命を大きく左右する

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア