【レビュー】

1.5型センサー搭載の高級コンパクトデジカメが全方位に進化 - キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」実写テスト

1 精悍な黒ボディにタッチパネル式のチルト液晶を装備

 
  • <<
  • <

1/4

キヤノン「PowerShot G1 X Mark II」は、主に写真愛好家層をターゲットにした多機能な高級コンパクトデジカメだ。2012年発売の「PowerShot G1 X」の後継機にあたり、1.5型という大きなセンサーサイズを継承しながら、レンズやエンジン、AF、液晶モニターなどを大きく改良。機能や操作面にもさまざまな工夫を盛り込んでいる。その性能はどうなのか。試作機によるレビューをお伝えしよう。

「PowerShot G1 X Mark II」

関連記事
F2.0と5cmマクロを実現した1.5型CMOS機 キヤノン「PowerShot G1 X MarkII」(2014年2月12日)

ボディは、これまでの「PowerShot G」シリーズと同じくツヤ消しの黒を基調にした精悍なデザインを採用する。前モデルのPowerShot G1 Xと比べた場合、横幅と奥行きはあまり変わらないが、高さが約6.5mm低くなったことで、よりスマートに生まれ変わった印象を受ける。液晶モニターをバリアングル式から上下チルト式に改めたことや、実像式の光学ファインダーを省き、外付けの電子ビューファインダーに変更したことも、外見上の大きな違いだ。

天面にはホットシューやモードダイヤルを装備

上に180度、下に45度まで可動するチルト可動式の液晶モニターを搭載

デザイン上のポイントは、レンズ鏡胴部にあるコントロールリングや、天面のモードダイヤルの側面に綾目のローレット加工を施し、見た目の高級感と手触りを高めていること。また、外装の表面にうっすらと加えたシボ処理や、アクセントとして配置したレンズの付け根部分のシルバーリングなど、細部までこだわりを持って作り込まれている。

天面には、オプションの電子ビューファインダー「EVF-DC1」を装着できる

内蔵ストロボをポップアップした状態。外部ストロボの使用も可能

ホールド性については、筆者の大きめの手にはグリップがやや小さすぎると感じたが、実際の使用では左手をレンズ鏡胴部に添えるので、撮る際のバランスは悪くない。付属のグリップを交換し、より大きなオプションのカスタムグリップを取り付けることも可能だ。

携帯性に関しては、上着のポケットにすんなりと収まるのがうれしいところ。しかも、前モデルでは着脱式だったレンズキャップが、電源に連動した内蔵レンズバリアに変更になったことで、速写性がいっそう向上している。

背面のボタン類は右手のみで操作できるように集中配置されている

レンズの鏡胴部には感触が異なる2つのコントロールリングを装備する

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 精悍な黒ボディにタッチパネル式のチルト液晶を装備
(2) ワイドとテレの両方の開放値が明るい光学5倍ズームレンズを装備
(3) 多彩なカスタマイズによってカメラを自分色に染める
(4) 1.5型センサーによって被写体の色や質感をリアルに再現
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ
『デジモンtri.』、第3章ED曲「僕にとって」ジャケ写公開! 『02』一挙放送
[08:00 8/26] ホビー