【レビュー】

REGZAやnasneと連携する8型Windowsタブレット - 東芝「dynabook Tab VT484」を試す

1 東芝「dynabook Tab VT484」レビュー - REGZAやnasneと連携する8型Windowsタブレット

 
  • <<
  • <

1/3

2013年末から大きな注目を集めている8型のWindows 8.1搭載タブレット。Microsoft Officeが付属して、仕事にも使えるとあって品薄になるほどの人気となっている。今回はそのひとつ、東芝の「dynabook Tab VT484」を取り上げる。

店頭価格で40,000円前後の製品が多い8型Windowsタブレットの中で、VT484/22Kは53,000円前後と少々高めだが、アプリの充実が大きな強みとなっている。ブルーレイレコーダーやnasneと連携したり、PCの操作を録画したり、搭載カメラで撮影した動画を編集できたりと、楽しさをたっぷりと味わえるのが魅力だ。

VT484は、CPUにAtom Z3740 (4コア4スレッド、1.33GHz)を採用している。インテル最新のタブレット向けSoC (System on a Chip)で、「Bay Trail-T」の開発コード名で呼ばれていたものだ。2GBのメモリ、1,280×800ドットの液晶解像度は、ほかの8型Windowsタブレットと横並び。重量は約445gと若干重い部類に入る。

dynabook Tab VT484/22K

■[製品名] dynabook Tab VT484/22K 主な仕様 [CPU] Intel Atom Z3740 (1.33GHz) [メモリ] LPDDR3-1066 2GB [グラフィックス] Intel HD Graphics (CPU内蔵) [ディスプレイ] 8型ワイド液晶 (800×1,280ドット) [ストレージ] 32GB eMMC [サイズ] W135.9×D213.0×H10.7mm [重量] 約445g [バッテリ駆動時間] 約11時間 [OS] Windows 8.1 32bit [店頭価格] 53,000円前後

屋外でも見やすいHFFSパネルを採用

ディスプレイにIPSパネルを採用したタブレットが多い中、VT484はHFFSパネルを採用している。HFFSはHigh aperture ratio Fringe Field Switchingの略で、太陽光でも視認性が高いのが特徴だ。屋外でも利用することを考えているなら、この点は大きな強みといえる。タッチパネルは5点マルチタッチで画面の隅まで感度は良好だった。

HFFSを採用する8型ワイド液晶。IPSと同じく視野角は十分に広い

ワイヤレス通信機能は、IEEE802.11a/b/g/nおよびBluetooth 4.0に対応。センサー類は、GPS、ジャイロ、加速度、電子コンパスに加えて、周りの明るさに合わせてディスプレイの輝度を変化させる照度センサーも備えている。

横置き時、上面にヘッドホン/マイク兼用端子、Micro HDMI出力、USB Micro-B (OTG対応)、下面にはステレオスピーカーを搭載

左側面にはmicroSDスロットを備える。カバーがなく直接メモリカードを挿し込む方式だ。右側面には電源とボリュームを配置

底面とACアダプタ

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 東芝「dynabook Tab VT484」レビュー - REGZAやnasneと連携する8型Windowsタブレット
(2) DTCP-IP対応アプリで「REGZA」や「nasne」と連携
(3) 「艦これ」も快適に動作
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー