【レポート】

Appleの音楽サービス「iTunes Radio」とその先にあるもの - 松村太郎のApple先読み・深読み

1 音楽との出会い方が変化した

 
  • <<
  • <

1/4

本連載ではAppleが取り組むiPhoneやモバイルサービス、そしてこれから作りだされる未来の生活について、ジャーナリストの松村太郎氏が深読み、先読みしながら考えていく。第6回のテーマは「Appleの音楽サービス「iTunes Radio」とその先にあるもの」について。

***

皆さんは、最近、どのようにして新しい音楽と出会っただろうか? テレビで聴いて、友人に勧められて、あるいはソーシャルメディアなどで回ってきたYouTubeビデオを見て、など様々に変化しているのではないだろうか。

iPhoneが発表された2007年1月のプレゼンテーションで、Steve Jobs氏は「電話」「音楽プレイヤー」「インターネットデバイス」の三位一体としてiPhoneを披露した。既にiPodで音楽の聴き方を変化させた経験があるAppleは今後音楽の聴き方をどのように変えていこうとしているのだろうか。

音楽の「仕入れ方」

多様化している音楽の楽しみ方に合わせて、これまでのように売上で発表されてきたヒットチャートが機能しなくなるという事態も起きている。つまり、流行の曲がそこまで同世代や時代の「共通言語」にならなくなってきたのだ。同時に、どのように新しい音楽との「偶然の出会い」を果たすかも難しくなってきたのだ。

筆者は足繁く音楽ショップに通い、月に10,000円以上は必ず新しいCDを購入することに費やしていた。しかし東京からは大規模なお店も含め、筆者が気に入っていたショップがどんどんなくなっていってしまった。

大きな店構えだとしてもオンラインショップの品揃えと効率性には適わないし、そもそもデジタルプレイヤーで再生するようになって、CDで音楽を購入することが手間になってしまった。お店の消滅によって筆者の音楽との出会い方は成立しなくなってしまった。

そこで、デジタルで購入するという手段になる。MacとiPhoneを使っているので、iTunes Storeから購入するのが最適だ。確かに、iTunesで音楽を購入するメリットはある。音楽ファイルのバックアップを取る必要がなくなるからだ。

iTunes Store

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 音楽との出会い方が変化した
(2) 音楽との接し方が変わる
(3) iTunes Radioでできること
(4) iTunes Radioの先にあるもの

人気記事

一覧

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア