【ハウツー】

Wi-Fiをオンにすると位置情報が正確になるって本当? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「Wi-Fiをオンにすると位置情報が正確になるって本当?」という質問に答えます。

***

Wi-Fiがオフの状態で「マップ」など位置情報を必要とするアプリを起動すると、「位置情報の精度」というダイアログが現れます。そこに「Wi-Fiをオンにすると位置情報がより正確になります」と記されているとおり、Wi-Fiをオンにしたほうが位置情報の精度は向上します。

一般的に、位置情報の測定には衛星測位システムに対応したICを利用します。iPhoneには、GPSの進化版といえるA-GPS(Assisted GPS)に対応したICが内蔵されており、携帯電話ネットワークから取得した情報を利用してすばやく人工衛星を捕捉します。GPSチップのみで測位するより位置検出の時間が短くなり、その精度も向上します。iPhoneの位置情報サービスは、GPSと携帯電話ネットワーク、およびWi-Fiから取得した情報を組み合わせることで精度向上を図っています。

日ごろAppleは、位置情報サービスをオンにしているiPhoneやiPadからWi-Fiアクセスポイントの位置情報を収集しています。その情報はデータベース化され、Appleのサーバで公開されます。だから、セルラー回線に接続できないiPod touchでも、Wi-Fiだけで比較的精度の高い位置検出が可能なのです。

ところで、iOS 7に「位置情報の精度」ダイアログを非表示にする設定は用意されていません。面倒でも、ダイアログが現れるたび「OK」ボタンをタップして消すしかありません。

Wi-Fiがオフのとき位置情報を参照するアプリを起動すると、このようなダイアログが現れます

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事