【レポート】

LenovoがMotorolaを買収した理由、Googleにとってのメリットを分析

1 Lenovoのスマホ市場における位置づけ

 
  • <<
  • <

1/5

Lenovoは1月29日(米国時間)、29億1,000万ドルで米Googleから携帯端末部門であるMotorola Mobilityを買収することで合意したと発表した。Googleは2011年8月に同社を買収する際、125億ドルを支払っている。わずか2年半で巨額資金で入手した同事業を手放すことになったわけだが、背景になにがあるのかを分析してみる。

Lenovoはスマートフォン市場世界5位のメーカー

意外に思われるかもしれないが、Lenovoは世界のスマートフォン市場シェアでHuaweiやLGといったメーカーらと接戦状態にあり、今回のMotorola Mobility買収で世界3位にまで浮上するとみられている。今年1月27日に米IDCが出した最新の調査報告によれば、Samsungが31.1%、Appleが15.3%、Huaweiが4.9%、LGが4.8%、Lenovoが4.5%となっている。特に出荷台数の伸びでは上位5社中Lenovoが突出しており、その急成長ぶりがうかがえる。

■世界のスマートフォン市場ベンダー別シェア(出典: IDC、出荷台数の単位は百万)

ベンダー 2013年出荷台数 2013年シェア 2012年出荷台数 2012年シェア
Samsung 313.9 31.3% 219.7 30.3%
Apple 153.4 15.3% 135.9 18.7%
Huawei 48.8 4.9% 29.1 4.0%
LG 47.7 4.8% 26.3 3.6%
Lenovo 45.5 4.5% 23.7 3.3%
その他 394.9 39.3% 290.5 40.1%
合計 1,004.2 100.0% 725.3 100.0%

「Lenovoのスマートフォンなんて日本はもちろん、海外ニュースを見ていてもあまり話題になっていない」と思われるかもしれないが、Huaweiの躍進に見られるように、同社の出荷台数の多くは中国を中心とした新興国での好調による部分が大きい。売上で換算するとわからないが、出荷台数ベースではこれら新興国の数字は大きく出る傾向があり有利だ。もし現状の成長ペースを維持できるなら、遠からずAppleやSamsungを脅かす存在となる可能性がある。

  • <<
  • <

1/5

インデックス

目次
(1) Lenovoのスマホ市場における位置づけ
(2) なぜ、いま買収なのか
(3) Motorolaのブランド力
(4) Lenovoが米国進出にこだわる理由
(5) Googleは何を目指すのか

人気記事

一覧

新着記事

[ベイビーレイズJAPAN]ソフトボール国際大会テーマソングに 「大会を盛り上げます」
[17:00 8/26] エンタメ
『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア