【ハウツー】

ラードかけごはん、貧乏飯の域をこえてフツーにうまいぞ!

 

豚の脂であるラード。家に常備しているという人は少ないかもしれないが、実はラードで究極とも思える貧乏飯……いや、もはや貧乏飯ではなく普段のメニューとしてもおいしい一品をつくることができる。その名も「ラードかけごはん」だ。

ラードを常備している家庭は少ないかもしれないが……

つくり方は簡単。ほかほかごはんに好きなだけラードをのせ、醤油をたらす。ごはんの上にのせてもラードはなかなか溶けきらないので心配かもしれないが、卵かけごはんのときのように箸でグルグルと混ぜればごはんの熱で溶けていく。

あつあつごはんにラードをのせて、少量の醤油をたらせばOK。箸でかき混ぜれば、ごはんの熱でラードが溶ける

パクリ。思ったより脂っこくない。ラードのまったりとした旨みが印象的だ。これは……なかなかイケるかもしれない。試しに七味唐辛子をかけてみると、超絶ウマイ!! ラード、なかなかやりよるわ。これは貧乏飯のレベルをこえているぞ。

ちなみにラードは、餃子のあんやハンバーグに入れるとジューシーになる。チャーハンや焼そばを炒める際にサラダ油の代わりに使っても旨みが増す。ラードかけごはんはもちろん、普段の料理のちょい足し調味料として活躍してくれるラード、あなたの家にも常備してみては?

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ