【ハウツー】

毎月300円の請求はなんですか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

海上忍  [2014/01/17]

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「毎月300円の請求はなんですか?」という質問に答えます。

***

日本でiPhoneを扱うキャリア3社は、通信料金(パケット代)とは別にインターネット接続料金を徴収します。ソフトバンクは「S!ベーシックパック(i)」、au/KDDIは「LTE NET」または「IS NET」、NTTドコモは「spモード」と名称は異なりますが、いずれもインターネットプロバイダ(ISP)サービスで価格は横並びの300円(税別)です。

それらISPサービスはソフトバンクを除きオプション扱いですが、契約しなければWebブラウジングやメール(MMS)の送受信などインターネットを利用した機能/サービスは利用できません。「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」、「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールを利用するためにも必要です。iCloudやプッシュ通知などiOSにはインターネット常時接続を前提とした機能が多いことからしても、iPhoneにとってISPサービスは事実上必須といえるでしょう。

NTTドコモ版iPhoneの「spモード」はオプションであり解約可能ですが、spモードのみ解約することができないため、パケット定額オプション(Xiパケ・ホーダイ for iPhone)もあわせて解約扱いとなります。

au/KDDI版iPhoneは、LTE対応機かどうかで異なります。iPhone 5/5s/5c向けオプションの「LTE NET」を解約すると、3G/LTE回線でパケット通信できなくなりますが、iPhone 4S向けの「IS NET」を解約しても3G回線でパケット通信が可能です。その場合、1パケットでも通信すれば「au.net」というISPサービスの利用料金(税別500円/月)が別途発生してしまうため、モバイルデータ通信をオフにするなどの対策が欠かせません。

毎月請求される300円(税別)という金額は、インターネットプロバイダサービスの利用に対してです

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR