【ハウツー】

買いたてのiPhone、女神アプリ、ビジネス系アプリが少ない...そんな女性とどう付き合うか - iPhoneホーム画面プロファイリング恋愛術

 

iPhoneのホーム画面は、そのひとじしんを映しだす"鏡"です。なにが好きなのか、なにを気にしているのかみてとれますし、そのひとの性格までみえてくることもあります。ここでは、女子のiPhoneのホーム画面から、化粧などの外見や男女の恋愛に関する心理に詳しい心理学者であり、大学教員の平松隆円氏が、持ち主の性格や心理、行動をプロファイリングします。本稿を参考にすれば、ホーム画面さえみることができれば、その女子の口説き方までわかるかも!? 今回は23歳の女性Hさんのホーム画面です。

HさんとHさんのiPhoneのホーム画面全2枚

Hさん

1枚目

2枚目

プロファイリングと解説

今回の女性は、ホームスクリーンが2枚です。アプリも、多くはありません。そのため、「iPhoneホーム画面プロファイリング恋愛術」としては、ちょっと悩んでしまいます。とはいえ、いままでのようにアプリが多い女性ばかりというわけではありませんので、少ない情報のなかでもなにがみえてくるか、一緒に考えてみましょう。

1枚目

そもそも、なぜアプリが少ないのでしょうか。もちろん、不要なものをインストールしたくないという性格ということも十分に考えられます。カメラ系アプリも、いままでの女性たちはエフェクトの違いなどから、複数をインストールしていることがほとんどでした。けれども今回の女性はデフォルトのカメラともう1つだけです。

ですが、まだiPhoneを使い慣れていないということも考えられます。というのも、いままでの女性たちがiPhoneを使っていた携帯キャリアは、ソフトバンクでした。ですが、今回の女性はNTTドコモです。NTTドコモからiPhoneが取り扱われるようになったのは、2013年秋。まだ、数ヶ月しか経っていないわけです。フィーチャーホン(ガラケー)もしくはAndroidのいずれから機種変更をしたにしても、使い勝手は違うわけですから、「へぇー、iPhoneにしたんだ」というきっかけから使い方を教えてあげるとうコミュニケーションがとれるのではないでしょうか。でも、あまりしつこいとウザがられるので注意してくださいね。

2枚目

ところで、唯一インストールしているカメラ系アプリですが、「女神カメラ」という美肌や目をキラキラさせてくれるアプリです。Instagramなどのように汎用性が高く、アーティスティックに加工するアプリではなく、人物に特化したカメラ系アプリ。この女性は、友達や彼氏と写真を撮ることが多いのかもしれませんね。そして、自分をかわいくきれいに撮りたいのでしょう。少なくとも、風景などを撮影して、自分のセンスをアピールするようなタイプではなさそうです。写真のセンスではなく、被写体としてのこの女性をほめてあげることを忘れないでくださいね。

このほかに、面白いアプリが2つあります。「CoCafe カフェマップ」という近くのカフェ情報を検索したり、Wi-Fi情報などを登録・共有出来るアプリ。東京ディズニーランド、ディズニーシーのアトラクションの待ち時間を確認できる「Dの待ち時間」。わざわざ、東京ディズニーランド、ディズニーシーのアトラクションの待ち時間を確認できるアプリをインストールしているわけですから、けっこう頻繁に行くんでしょうね。けれども、アプリを使用しているところをみると、裏技を知っている達人とまではいかないのかも。もしあなたが東京ディズニーランド、ディズニーシーに詳しいのであれば、一緒に行けば楽しめるかもしれませんよ。

また、カフェ情報を検索するアプリを入れているこの女性は、ビジネス系アプリが少ないところをみると、ノマドワーカー的にカフェを使うよりも、ゆっくりしたくて使っているのかもしれません。お昼前であるにもかかわらずGmailが20件も未読です。よほど忙しいのか、おっとりしているのか。いずれにしても、安らぐことが必要なのでしょうね。それが、壁紙にもあらわれているとおもいます。やっぱり休日に、東京ディズニーランドかディズニーシーに誘って、デートするっていうのも、いいかもしれませんよ。

平松隆円…化粧心理学者/大学教員
1980年滋賀県生まれ。2008年世界でも類をみない化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。国際日本文化研究センター講師や京都大学中核機関研究員などを経て、現在はタイ国立チュラロンコーン大学講師。専門は、化粧心理学や化粧文化論など。よそおいに関する研究で日本文化を解き明かしている。NTV『所さんの目がテン! 』、CX『めざましどようび』、NHK『極める 中越典子の京美人学』など番組出演も多数。主著『化粧にみる日本文化』(水曜社)は関西大学入試問題に採用されるなど、研究者以外にも反響をよんだ。ほかに『黒髪と美女の日本史』(水曜社)など。

人気記事

一覧

新着記事

Evernoteがプラン改定、有料プラン値上げ、無料ベーシックは端末2台までに
[05:31 6/29] パソコン
[竹中直人]劇場版ワンピースで2役に挑戦 「胸が踊った」
[05:00 6/29] ホビー
[真剣佑]「ピーチガール」実写映画でとーじ役
[05:00 6/29] エンタメ
真剣佑、『ピーチガール』で硬派男子に! 山本美月めぐり伊野尾慧と三角関係
[05:00 6/29] エンタメ
鈴木奈々・ヒロミ・劇団ひとり・ヒャダインらが"潜在能力"テストに挑戦
[05:00 6/29] エンタメ