【レポート】

何インチまでが"スマホ"だと思う? 6インチが境目に - マイナビニュース調査

 

スマートフォンとタブレットの画面サイズは差が縮まっている。5インチのスマートフォン、7インチのタブレットが登場し、その中間に位置する6インチの端末は「Phone」と「Tablet」を組み合わせて"ファブレット"と呼ばれることもある。では、スマートフォン利用者は何インチまでがスマートフォンだと考えているのだろうか、マイナビニュース会員300名に聞いてみた。

大画面のスマートフォンが登場するにつれ、タブレットとスマートフォンの画面サイズの差が縮まっています。では、何インチまでが"スマートフォン"だと思いますか?

何インチまでが"スマートフォン"だと思うか聞いたところ、「4.1インチ以上~5インチ未満」が31%と最も多かった。次点で「5インチ以上~6インチ未満」が25%と続く。携帯3社の2013~2014年冬春モデルをみると、ほとんどのスマートフォンが約4.3インチ~5インチであり、現在販売中のスマートフォンについては、スマートフォンのサイズに適していると考えているユーザーが多いようだ。

これよりも大きいサイズの回答をみると、「6インチ以上~6.5インチ未満」が10%、「6.5インチ以上~7インチ未満」が8%となり、6インチを境に回答率が急激に減った。6インチ以上になると"スマートフォンにしては大きすぎる"と考えるユーザーが一定数いることが分かった。

調査時期:2013年12月04日~2013年12月5日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:300件
調査方法:インターネットログイン式アンケート

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

働く男性の7割が「夏の肌悩み」あり ‐ 洗顔とシェービングの正しい方法は?
[15:03 7/29] ヘルスケア
i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ