【レビュー】

注目度が高い8型Windows 8.1タブレットの一角 - 日本エイサー「Iconia W4」を試す

1 Office Personal 2013モデルとOffice Home and Business 2013モデルを用意

 
  • <<
  • <

1/4

片手でしっかりとホールドでき、Windows 8が搭載され、タブレットとしての能力とモビリティを併せ持ち、多くのユーザーから好評を博していた日本エイサーの8型タブレット「Iconia W3」。

その後継となる、Windows 8.1搭載の8型タブレット「Iconia W4-820」(以下、Iconia W4)が、12月13日より店頭に並んでいる。ボーナス時期と相まって、食指を動かされている読者も多いことだろう。今回は短い期間ではあるが、Iconia W4-820/FHを使わせていただくことが叶ったので、早速レビューをお届けしたいと思う。

8型Windows 8タブレットの先駆けとなったIconia W3の後継機、Iconia W4

■主な仕様 [CPU(SoC)] Intel Atom Z3740(1.33GHz) [メモリ] LPDDR3 2GB [ストレージ] 64GB eMMC [グラフィックス] Intel HD Graphics(CPU内蔵) [光学ドライブ] なし [主なインタフェース] IEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、microSDカードスロット、microHDMI出力、microUSB 2.0、200万画素フロントカメラ、500万画素バックカメラ [センサー] 照度センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス [本体サイズ/重量] 約W134.9×D218.9×H10.8mm/約415g

Iconia W4-820には2モデルがあり、Microsoft Office Personal 2013付属モデルの店頭予想価格は43,000円前後、Microsoft Office Home and Business 2013付属モデルの店頭予想価格は48,000円前後だ。Microsoft Office以外は共通となっている。

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) Office Personal 2013モデルとOffice Home and Business 2013モデルを用意
(2) 本体の質感や液晶ディスプレイの品質が大きく向上
(3) WindowsエクスペリエンスインデックスとPCMark 7の結果
(4) 艦これプレイも問題なし。バッテリ駆動時間は?
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

『ガンダムBF』特番よりティターンズ色メイド「すーぱーふみな」が立体化
[17:00 8/26] ホビー
田辺誠一&大塚寧々、バラエティ初の夫婦コラボ! イラスト&ナレーション担当
[17:00 8/26] エンタメ
『LEGOムービー』続編、新主人公はバットマン! 17年4月公開決定
[17:00 8/26] エンタメ
働く女性の健康をサポート! 「まるのうち保健室カフェ」が期間限定OPEN
[16:52 8/26] ヘルスケア
iOSの標準アプリ『リマインダー』で情報を共有して買い忘れを予防する
[16:46 8/26] スマホとデジタル家電