【ハウツー】

ホーム画面をすべて見せたがらない女性とどう付き合う? - iPhoneホーム画面プロファイリング恋愛術

iPhoneのホーム画面は、そのひとじしんを映しだす"鏡"です。なにが好きなのか、なにを気にしているのかみてとれますし、そのひとの性格までみえてくることもあります。ここでは、女子のiPhoneのホーム画面から、化粧などの外見や男女の恋愛に関する心理に詳しい心理学者であり、大学教員の平松隆円氏が、持ち主の性格や心理、行動をプロファイリングします。本稿を参考にすれば、ホーム画面さえみることができれば、その女子の口説き方までわかるかも!? 今回は23歳の女性Kさんのホーム画面です。

KさんとKさんのiPhoneのホーム画面全4枚

Kさん

1枚目

2枚目

3枚目

4枚目

プロファイリングと解説

今回の女性、ホームスクリーンをよく見ると6枚あるはずということに、気づきます。ですが今回、手元に届いたのは4枚のスクリーンキャプチャでした。「女性本人の希望で・・・」ということだったのですが、当然ながら提供されなかった2枚のホームスクリーンに、この女性に関する大事な情報が含まれているわけです。

じつは、この「iPhoneホーム画面プロファイリング恋愛術」ですが、ボクのところにはホームスクリーン以外、年齢や職業すら伝わってきていません。そのため、残念ながら基本的な情報から残り2枚を推測することができませんでした。しかしながら、本人の希望でみせられないということは、みせることが恥ずかしいという心理が働いているからです。

それは、年齢的なことなのか(○○歳なのに、そんなアプリを使っているんだと思われたくない)、性別的なことなのか(女性なのに、そんなアプリを使っているんだと思われたくない)は、わかりません。ですが、いずれにしても他者からの評価や世間体を気にするタイプの女性なのでしょう。そういう女性であれば、完全に二人っきりであるという状況以外では、彼女の体裁を整えることに気をつかってあげる必要があると思います。女性として、彼女として、もし年上であれば年長者として敬意を払って接してみてください。

さて、4枚のホームスクリーンにもどりましょう。1枚目のホームスクリーンは、デフォルトで存在するアプリばかりです。ナビや乗り換え案内などの交通系アプリがあるくらいでしょうか。

1枚目は標準搭載のアプリばかり

2枚目になって、SNS系や写真系アプリがでてきました。この女性、社会人で責任あるポジションにいるのかも知れません。1枚目のホームスクリーンは印象管理のカモフラージュ用に設定しておき、2枚目以降を使用しているのでしょうね。インストールしたものの使用頻度の少ないアプリをきっちりフォルダー分けしているあたりなんかも、そのあたりを示しているように思います。

2枚目以降を使っているのかも

3枚目になると、ますますプライベート色がでてきました。2chまとめアプリなどもみられます。しかしここでも気になるのが、アプリの整理の仕方です。たしかに、2chまとめアプリなどはダウンロードしただけで使用していないことも考えられます。ですが、ヘアサロンやビューティなどのHOT PEPPER系アプリもそれほど日常的に使用するとは考えられません。これだけきっちりと、アプリをフォルダー整理する人です。これらをフォルダーでひとまとめしてもおかしくはありません。もしかしたら、人に見られても平気なアプリを外に出しておき、自分のイメージに合わないアプリは、フォルダーに入れているのかも知れませんね。だとすると、ここでもやはり、非常に人目を気にするタイプの女性だということがわかると思います。本人がコントロールしたいと思っているイメージを、壊さないように接してあげることが必要かも知れません。

3枚目からプライベート色が徐々に

平松隆円…化粧心理学者/大学教員
1980年滋賀県生まれ。2008年世界でも類をみない化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。国際日本文化研究センター講師や京都大学中核機関研究員などを経て、現在はタイ国立チュラロンコーン大学講師。専門は、化粧心理学や化粧文化論など。よそおいに関する研究で日本文化を解き明かしている。NTV『所さんの目がテン! 』、CX『めざましどようび』、NHK『極める 中越典子の京美人学』など番組出演も多数。主著『化粧にみる日本文化』(水曜社)は関西大学入試問題に採用されるなど、研究者以外にも反響をよんだ。ほかに『黒髪と美女の日本史』(水曜社)など。

人気記事

一覧

新着記事