【レビュー】

防水かつ高解像度WQXGA液晶を備えたBay Trail-Tタブレット - 富士通「ARROWS Tab QH55/M」を試す (後編)

1 「艦これ」デモ動画も交えて、Atom Z3760を検証

 
  • <<
  • <

1/2

さて、富士通「ARROWS Tab QH55/M」レビューの後編である。ここでは、開発コード名"Bay Trail-T"ことIntel Atom Z3770を中心としたQH55/Mの性能をチェックしていく。各種ベンチマークの結果はもちろん、おまけとして、Windows 8/8.1タブレットを語る際に、最近お約束(?)になりつつある「艦隊これくしょん」のデモ動画もちょっと公開してみた。なお、デザインやインタフェース、液晶ディスプレイの評価については、レビューの前編を参照いただきたい。

関連記事
防水かつ高解像度WQXGA液晶を備えたBay Trail-Tタブレット - 富士通「ARROWS Tab QH55/M」を試す (前編) (2013年12月10日)

ここであらためてQH55/Mのハードウェアの仕様を確認しておきたい。CPUは4コアで定格1.46GHz、バースト時最大2.4GHzまで上がる「Atom Z3770」を採用し、ストレージは64GBのeMMC。メモリは4GBと多めに搭載してあるが、CPUやeMMCがどこまで踏ん張れるかがポイントになるだろう。グラフィックスはCPUに内蔵されたIntel HD Graphicsだ。

■[製品名] ARROWS Tab QH55/M 主な仕様 [CPU] Intel Atom Z3770 (1.46GHz) メモリ] LPDDR3-1066 4GB (2GB×2) [グラフィックス] Intel HD Graphics (CPU内蔵) [ディスプレイ] 10.1型ワイド液晶(2,560×1,080ドット、タッチパネル) [ストレージ] 64GB SSD [サイズ] W267.0×D180.8×H9.9mm [重量] 約650g [バッテリ駆動時間] 約15.5時間 [OS] Windows 8.1 32bit [店頭価格] 105,000円前後

「HWiNFO32」によるCPUなどの情報。eMMCやBayTrail-Tには未対応なせいで、すべての情報は取得できていない

デバイスマネージャで気になるデバイスの型番をチェック。eMMCはサムスン製、無線LANはBroadcom製だった

それでは総合ベンチマーク「PCMark7」による性能チェックからはじめよう。Core i5搭載ノートならだいたい3000ポイント(HDDモデル)~5000ポイント台(SSDモデル)というのが現行製品における"相場"だが、QH55/Mはどうだろうか?

■PCMark7
PCMark score 2068
Lightweight score 1248
Productivity score 873
Entertainment score 1427
Creativity score 4029
Computation score 4783
System storage score 3732
Raw system storage score 1328

スコアはCore i5-4200U搭載ノートPCの40~50%といったところ。重い作業(ProductivityやComputation Suite)も軽い作業(Lightweight Suite)もスコアの傾向は変わらない。PCMark7はストレージ速度がスコアに大きく影響するため、eMMCの遅さによる部分も大きいと推測できる。

次に、CPU/GPU/ストレージの性能をもう少し専門的なベンチでチェックしてみよう。まずはCPUの馬力が試される「CINEBENCH R11.5」だ。最新版R15がリリースされて久しいが、R15は64bit専用。R11.5は32bit対応の最終版なのだ。

Core i5-4200Uのシングルコア使用時のスコア(CPU Single)はだいたい1.1ポイント台。BayTrail-Tの4コア全て束ねてもCore i5の1コア以下の馬力しか発揮できないといえるが、このスコアは海外ベンチマークサイトで公開されている数値よりもだいぶ低い(CPU Multiで1.4ポイント台)。前述のBIOSが影響している可能性は大だが、Atom Z2760がせいぜい0.5ポイント前後であることを考えると、十分高速なことがわかる。

■CINEBENCH R11.5
CPU Multi 0.98
CPU Single 0.25

GPU性能は「3DMark」で計測した。一番重い「Fire Strike」は完走できなかったため、「Ice Storm」および「Cloud Gate」のみの結果を掲載するが、多くを期待してはならないレベルであることがわかる。ちなみに「ファイナルファンタジーXIV :新生エオルゼア」の公式ベンチ(キャラクター編)では、解像度を1,280×720ドット、画質を「標準品質(ノートPC)」に設定してスコアは「643」。「動作困難」という判定だった。

■3DMark
Cloud Gate 772
Ice Storm 7333

「3DMark」実行結果。ハードの構成が新しいためか、右のグラフにfps(橙)以外の線が表示されていない

「CrystalDiskMark」でeMMCの読み書き速度もチェックしてみる。1,000MBのランダムデータを5回読み書きする設定でテストした。eMMCなので読み・書きともにトップスピードはHDDより遅いのは仕方がない。ただフラッシュメモリベ ースのストレージなので、ランダムアクセスはHDDよりも高速だ。

CrystalDiskMark

以上のように、他社のBayTrail-T搭載タブレットにも同様にいえることだが、QH55/MはCore iを搭載したUltrabookや2in1ノートと同等の性能ではない。メインマシンを別に構えているユーザーが、外出先や自宅内の好きな場所 (風呂も含む)で気楽に使うサブマシン向きといえよう。

なお、12月6日に富士通から「CPUのパフォーマンスが上がらない場合がある問題を修正した」、QH55/Mの最新BIOS「1.12」がリリースされた。時系列的には本稿の検証後にアップされた線が濃厚であるため、最新BIOSを用いることで上記のベンチマーク結果よりも高いパフォーマンスが得られる可能性があることをお知らせしておきたい。後日、BIOS「1.12」による再評価も行う予定だ。

xm ARROWS Tab Wi-Fi

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 「艦これ」デモ動画も交えて、Atom Z3760を検証
(2) 「艦隊これくしょん」の動作について
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『幼女戦記』、特報PVを公開! キャラクター設定画第1弾を紹介
[04:00 10/1] ホビー
三吉彩花、初写真集で水着姿も披露「これまで見せたことのない素顔」
[04:00 10/1] エンタメ
『クラッシャージョウ』、Blu-ray BOX発売決定! 公式サイトオープン
[02:50 10/1] ホビー
TVアニメ『デジモンユニバース』、10/1放送開始! 第1話の場面カットを公開
[02:27 10/1] ホビー
TVアニメ『sin 七つの大罪』、メインキャスト出演の音声ドラマ第1話を公開
[01:42 10/1] ホビー