【レビュー】

APS-C機の限界に挑む意欲的な一眼レフカメラ - リコーイメージング「PENTAX K-3」実写レビュー

1 変わらない外観と革命的に進化した性能

 
  • <<
  • <

1/4

リコーイメージングの「PENTAX K-3」が実売12万円前後(※)と買いやすくなっている。ローパスフィルターレスの2,435万画素CMOSの採用やローパスセレクターなど新技術を投入し、APS-C機としては高めの初値を付けた本機だが、発売からひと月が経過して急速に値頃感が出た格好だ。

※2013年12月6日時点PENTAX K-3本体のみ。筆者調べによる。

オリンパスの「OM-D E-M1」富士フイルムの「X-E2」など話題の他製品とリリースタイミングがバッティングしたことや、充実してきた低価格フルサイズ機へ市場の注目が流れたことも関係があるだろう。既存のペンタックス機ユーザーについていえば、前モデルにあたる「K-5 II」「K-5 II s」の完成度の高さが買い換えを躊躇させている、という皮肉な一面もあるようだ。

だが、裏を返せば、K-3の購入を検討しているなら今がベストタイミング(に近い)ということでもある。そこで今回は、K-3を買おうかどうしようかと悩んでいる人の背中をもうひと押しするというお節介も込めて、実写レビューをお届けしたい。

関連記事
リコーイメージング、ローパスレスのデジタル一眼レフ最上位機「K-3」(2013年10月8日)

K-3の外見は、もはや見慣れた「PENTAX K」シリーズのフォルム。非常に細かな形状の違いこそあれ、ほぼ「K-5」シリーズのイメージを踏襲している。平面の組み合わせを基調としたデザインながら、ほどよくコンパクトなサイズと深く握りやすいグリップで、非常に持ちやすく扱いやすい。

扱いやすいという点では定評あるペンタックス製の一眼レフのインタフェース。「K-5」シリーズもよくできたインタフェースだったが、それをさらに練り込み、徹底的に改善している。たとえば、モードダイヤル。K-5(以下、特に断りがない場合は「K-5」シリーズを指す)同様、誤回転防止のためのボタンが付いているが、K-3ではこのボタン機構の有効/無効を切り替えるレバーが付いた。

高性能でありながら、女性の手でも持ちやすいほどのコンパクトボディ

サイズは幅が約131.5mm、高さが約100mm、厚さが約77.5mm(突起部を除く)、質量は約715g (本体のみ)

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) 変わらない外観と革命的に進化した性能
(2) 使用頻度の高いボタンのレイアウト変更などでより使いやすく
(3) ローパスフィルターレスで目が覚めるような解像感を実現!
(4) 動画撮影機能も大幅に進化!
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Android版「Google日本語入力」に新機能 - 好きな画像をキーボードの背景に
[15:39 7/26] スマホとデジタル家電
AbemaTV、600万ダウンロード突破 - 直近2週間で100万件増
[15:33 7/26] スマホとデジタル家電
サイコム、水冷仕様のGeForce GTX 1070を標準搭載したFF14推奨ゲーミングPC
[15:32 7/26] パソコン
夫婦のLINE 第126回 「困るんだよ君ィ」
[15:30 7/26] ライフスタイル
Telit、半導体製造関連設備を準リアルタイムで管理できるポータルサービス
[15:29 7/26] テクノロジー