【ハウツー】

アプリのアップデート、しないとダメですか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「アプリのアップデート、しないとダメですか?」という質問に答えます。

***

iTunes Storeでダウンロードしたアプリは、その開発元がメンテナンスを続けるかぎり、アプリが更新(アップデート)される可能性があります。アップデートは義務ではないため無視してかまいませんが、「App Store」のアイコン右上に更新可能なアプリ数がバッジとして表示され続けるため、目障りかもしれません(非表示に設定することも可能です)。

アプリのアップデートは、アプリに機能を追加するときや、iOSのバージョンアップに伴うシステム仕様の変更に対応するとき、不具合を修正するときに実施されます。まれに機能が削除されグレードダウンすることもありますが、大半の開発元は機能アップを続けることで利用者の増加と定着を狙いますから、アップデートはプラスに作用するケースが一般的です。

しかもアップデートは無料です。「App Store」の「アップデート」タブ、またはiTunesのアプリ管理画面に表示されたアップデート情報であれば、そのまま課金なしにアップデートを実行できます。

なお、大幅な機能変更が実施されたときには課金されるように見えますが、それは別のアプリとして申請/登録されるためです。「○○○ 2」という名前のアプリが「○○○ 3」に変更されたときは、別のアプリである可能性は大です。

アプリをアップデートしないまま使い続けることもできますが、iOSのバージョンアップ後動作に不具合が生じる可能性があります。気に入っているので変えたくないが新機能も気になるという場合は、アプリのコメント欄を参照するなどして変更点や問題点を事前に確認しておきましょう。

写真で解説

アップデート可能なアプリの数は、「App Store」アイコンにバッジの形で表示されます

「App Store」の「アップデート」タブでは、アップデート可能なアプリを一覧できます。変更点は詳細画面で事前に確認しておきましょう

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事