【ハウツー】

SIMフリー版iPhone 5s/5cは誰が使うべきか、そのメリットと注意点まとめ

1 SIMフリー端末とは?

 
  • <<
  • <

1/6

既報の通り、アップルは日本のオンラインストアでのiPhone 5s / iPhone 5cのSIMフリー(アンロック)版の販売を開始した。ここでは「SIMフリー版とはなにか?」をはじめ、携帯キャリアから購入する場合と比べてのメリット、注意点などを簡単にまとめてみる。

SIMフリー版iPhone 5sがオンラインのApple Storeで販売開始

「SIMフリー版」端末とは、携帯端末を好きな携帯電話事業者へと持ち込んで契約が可能な端末のことだ。一般に多くの携帯キャリアでは「SIMロック」と呼ばれる仕掛けを販売する携帯端末に施しており、このようにして販売された端末は他の携帯キャリアに持ち込んで契約しようとしても、通信に必要な該当事業者のSIMカードを端末が受け付けず、事実上、最初に端末を購入した事業者に縛られた状態になっている。

「なぜ、そういう利用者に不利益になるようなことをするのか?」といえば、携帯事業者は端末販売の際に本来の端末価格から「今後数年は端末とサービスを継続利用する」ことを見込んで端末メーカーへの代金を立て替えた割り引き販売を行っており、契約後すぐにユーザーに乗り換えられると、料金を踏み倒したまま月額料金の安いライバルキャリアに乗り換えられかねないからだ。また、特定メーカーとの交渉で特定地域での端末の独占販売権を得た場合など、端末のみをキャリアから購入し、契約はライバルキャリアで……といったケースも考えられる(かつてのiPhoneが好例)。

携帯キャリアとしてはユーザーに自社サービスを利用してもらうために割り引き販売や独占販売権を獲得したのに、こうした乗り換え行為は本来の意図に反するものとなる。そのため、年契約で縛り期間を設けたり、上記のようなSIMロックという行為に走ることになる。

とはいえ、上記のような携帯キャリアが販売する端末でも、一定の条件(端末を本来の値段で一括購入したり契約の縛り期間を満了するなど)を満たすことでSIMロックを解除するサービスを提供していることもある。また、欧州や香港など携帯キャリアがSIMロックをかけて販売しない地域もあり、端末自体は本体の高い価格で購入しなければならないものの、携帯キャリアから購入した端末であってもSIMロックが最初からかかっていないこともある。

ソフトバンクモバイルのSIMロック解除に関する案内

いずれにせよ、iPhoneなどの最新のハイエンド端末をSIMロックなしで購入する場合、通常われわれが携帯キャリアから購入しているような安価または「実質0円」のような選択肢はなく、必ず本来の高い本体価格での購入が必須となる。こうした端末は「SIMフリー版」、あるいは"SIMロック"がかかっていないという意味で「SIMロックフリー版」、英語圏では「アンロック版(Unlocked)」などと呼ばれている。今回アップルは「SIMフリー」としており、以後はそのように表記する。

  • <<
  • <

1/6

インデックス

目次
(1) SIMフリー端末とは?
(2) SIMフリー版iPhoneのメリット(1)
(3) SIMフリー版iPhoneのメリット(2)
(4) SIMフリー版iPhoneの設定と海外での契約について(1)
(5) SIMフリー版iPhoneの設定と海外での契約について(2)
(6) どのようなユーザーにお勧めか

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

2種のチーズを練り込んだ砂糖・バター・マーガリン不使用のクッキーが発売
[11:00 9/25] ヘルスケア
一万円札で汗がぬぐえる!? 「お札タオル」とは
[11:00 9/25] マネー
[Github Universe 2016] 日本人エンジニアに聞いた、企業向け「GitHub Enterprise」の魅力
[11:00 9/25] 企業IT
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第19回 1日分の寿命の代償にほしいものは?
[11:00 9/25] 読者プレゼント
松本人志、NHKを批判 - SMAP紅白出演オファーの公表「利用している」
[10:51 9/25] エンタメ