【レビュー】

写真愛好家の行動範囲を広げる防水仕様のミラーレス一眼カメラ - 「Nikon 1 AW1」を使ってみた

1 「防水カメラだから画質はガマン」の常識を覆す!

  • <<
  • <

1/3

ニコンから発売された防水仕様のミラーレス一眼「Nikon 1 AW1」。画質に定評のある「Nikon 1」シリーズの高い基本性能と、防水・耐衝撃設計を併せ持つレンズ交換式ミラーレス一眼だ。ただし、その特殊性もあって、性能を発揮するためのレンズは専用設計。インタフェースも大きく変更されている。さて、世界初となる防水・耐衝撃のデジタル一眼の実力はいかに?

雨天でも気を使わず撮影をしたい、あるいは、海水浴やスキーに気軽に持ち出せるカメラが欲しいと考える人は多いはずだ。が、市場にこれだけ種類豊富なデジタルカメラがあふれているにも関わらず、「防水」という基準で製品を選ぶと、一気に選択肢が限られてしまうのが現実。実際、各社から発売されている防水系コンパクト機か、一眼レフやミラーレス機に水中用のハウジングを装着するしかない。が、前者はセンサーもレンズも小さくせざるを得ず、画質面で不利。一方、後者は用途に対して大袈裟すぎて、携帯性や使い勝手という点で不利になる。

「Nikon 1 AW1」

関連記事
レンズ交換式初の防水・耐衝撃! 水深15mで撮影できるニコン「Nikon 1 AW1」(2013年9月19日)

そんなマーケットに颯爽と登場したのが、Nikon 1 AW1だ。1,425万画素、ローパスフィルターレスの1型センサーとNikon 1マウントを採用し、ハウジングを装着せずに水深15mで使用可能という防水性能を実現。2mの高さからの耐落下衝撃性能も備えている。なお、レンズ交換式とはいえ、当然ながら水中でのレンズ交換は不可。

本体サイズは約113.3×71.5×37.5 mm(突起部含まず)。質量は約356g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む)

「Nikon 1」シリーズで初めてGPSを搭載

背面液晶モニターは、約92万ドットの3型TFT

三脚穴は光軸からオフセットされている

内蔵フラッシュを上げているときは、耐衝撃性能の保証対象外

メモリーカードベイの蓋には、開閉スイッチとは別にロック機構が付く

防水性能についてより詳しく書くと、JIS/IEC保護等級 8(IPX8)をクリアー(ニコン試験条件による)しており、水深15m(49ft)以内で60分までの撮影が可能、とのこと。つまり、スキューバのような本格的ダイビング向きの製品ではないということだ。

SD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応

レンズを外した状態

丸いネジ状のパーツは、オプションのグリップを装着するためのもの

レンズ先端がベベルの付いた耐衝撃形状となっているのが分かる

HDMIとUSB端子のフタもロック機構付き。シーリングも万全

この防水・耐衝撃性能は、防水性能を持つニッコールレンズの装着が前提。具体的には単焦点の「1 NIKKOR AW 10mm f/2.8」(35mm判換算で27mm相当)と、標準ズーム「1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6」(35mm判換算で30-74mm相当)の2本に限定される(2013年11月末現在)。ちなみに、今回は後者をお借りして撮影した。焦点距離域、開放絞り値ともに手堅い作りの無難なレンズながら良好な描写で、実質的に本機に付けっぱなしで使用することになるだろう。水中でのズーム操作も可能だ。ちなみに防水レンズはNikon 1 AW1専用で、他のNikon 1では使用できない。Nikon 1 AW1では既存の非防水レンズも使用できるが、付属するOリングプロテクターの装着が必要だ。

2mからの耐落下性能を持つが、撮影機能を維持するというだけで、傷も付けば凹みもする

1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6

1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6のワイド(広角)端(原寸大画像を見る)

1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6のテレ(望遠)端(原寸大画像を見る)

レンズ側の後部はカバー状になっている

ボディ側マウント部

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 「防水カメラだから画質はガマン」の常識を覆す!
(2) 防水仕様ならでは? 割り切った操作体系
(3) 防水性能や水中での描写能力をテストしてみた
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事