【ハウツー】

iPhoneのバッテリー消費スピードを極力減らす2つのポイント - iOS 7のお役立ちワザ

1 コントロールセンターの活用

 
  • <<
  • <

1/4

持ち歩いて使うことが前提のモバイル端末はどうしてもバッテリー残量が気になるものですね。スマートフォンやタブレットの電力消費を抑えるには、使わない機能をオフにしておくのが一番。iOS 7の場合は「コントロールセンター」と「設定」で電力を使いやすい機能のオン・オフができるので簡単です。それでは、電力消費を減らすためのチェック項目を紹介しましょう。

チェックポイントその1:「コントロールセンター」を活用しよう

iOS7から搭載されたコントロールセンター。ちょっとした設定が手軽にできるので好評ですが、コントロールセンターでは以下の4点を見直すことで節電できます。

  • 画面の明るさ
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • AirDrop

まず「画面の明るさ」ですが、画面を明るく設定すると見やすくなるものの、バッテリー消費は大きくなります。見づらくてストレスにならない程度にスライダーを左にずらして明るさを抑えましょう。また、Wi-FiやBluetoothは使わない時はオフにしておくのも節電のポイント。コントロールセンターで簡単にオン・オフができるのでこまめに切っておくのも大事。

コントロールセンターからはすぐに設定できるので、状況に合わせて切り替えができるのがありがたいところ

AirDropもコントロールセンターから利用するかどうか設定できる。使わない時はオフにしよう

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) コントロールセンターの活用
(2) 「明るさの自動調節」「視差効果」を確認
(3) 「Spotlight検索」「Appのバックグラウンド更新」を確認
(4) 「位置情報サービス」「iCloud」を確認

人気記事

一覧

新着記事

[マジプリ阿部周平]東海発のアイドルがプロボクサー目指し「畑中ジム」入会 芸能活動と並行
[02:00 7/25] エンタメ
[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザで複数のGoogleアカウントを利用する
[00:00 7/25] パソコン
[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ