【ハウツー】

iPhoneのバッテリー消費スピードを極力減らす2つのポイント - iOS 7のお役立ちワザ

1 コントロールセンターの活用

 
  • <<
  • <

1/4

持ち歩いて使うことが前提のモバイル端末はどうしてもバッテリー残量が気になるものですね。スマートフォンやタブレットの電力消費を抑えるには、使わない機能をオフにしておくのが一番。iOS 7の場合は「コントロールセンター」と「設定」で電力を使いやすい機能のオン・オフができるので簡単です。それでは、電力消費を減らすためのチェック項目を紹介しましょう。

チェックポイントその1:「コントロールセンター」を活用しよう

iOS7から搭載されたコントロールセンター。ちょっとした設定が手軽にできるので好評ですが、コントロールセンターでは以下の4点を見直すことで節電できます。

  • 画面の明るさ
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • AirDrop

まず「画面の明るさ」ですが、画面を明るく設定すると見やすくなるものの、バッテリー消費は大きくなります。見づらくてストレスにならない程度にスライダーを左にずらして明るさを抑えましょう。また、Wi-FiやBluetoothは使わない時はオフにしておくのも節電のポイント。コントロールセンターで簡単にオン・オフができるのでこまめに切っておくのも大事。

コントロールセンターからはすぐに設定できるので、状況に合わせて切り替えができるのがありがたいところ

AirDropもコントロールセンターから利用するかどうか設定できる。使わない時はオフにしよう

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) コントロールセンターの活用
(2) 「明るさの自動調節」「視差効果」を確認
(3) 「Spotlight検索」「Appのバックグラウンド更新」を確認
(4) 「位置情報サービス」「iCloud」を確認

人気記事

一覧

新着記事

ほっともっと、野菜とスーパーフードが入った「20品目の彩り弁当」発売
[15:40 8/26] ヘルスケア
キャリーケースに猫が入ってくれない! どうすればいい?
[15:39 8/26] 趣味
有吉弘行、生放送で熱愛報道イジられ「私事ですが、本日…」
[15:31 8/26] エンタメ
ASUS、奥行き18.1cmのスリムな21.5インチ一体型デスクトップPC
[15:22 8/26] パソコン
広島県名物「もみじ饅頭」のお酒があるって、知ってた?
[15:19 8/26] 趣味