【レビュー】

iPad Airの重さはどのくらい? という素朴な疑問にお答え! 秤を持ってほぼ同じ重さのものを街中で探した

1 まずは家の中からiPad Airと同じ重さのものを探す

  • <<
  • <

1/4

iPadがiPad Airになったことでいろいろな部分が進化した。スペックも上がったし、本体が薄くなって持ちやすくなった。だが、なんといっても一番のポイントは、本体重量が469g(Wi-Fiモデル)と大幅に軽量化されたことだろう。iPadはこれまでもっとも軽かった2代目ですら約600g。iPad miniが出たこともあって、持ち出すのが億劫になっていたのだ。

しかし、急に469gといわれてもどうもピンとこない。469gとはいったい、どれくらいの重さなのだろうか。もちろんiPad Airを持てばすぐにわかることなのだけど、そのためだけに量販店やキャリアショップに行くのは面倒だ。よし、身近にあるもので近い重さのものを探してみようじゃないか。

この企画のために秤を購入した。ガンガンはかるぞー

とりあえず家の中でiPad Airの重さに近いものを探してみよう。たまたま手元にあった水入りペットボトルはどうだろう。500ml入りということは500gくらいの重さになるはずだ。

ところが実際にはかってみると569gもあった。さすがに100gも違うと結構違う。ペットボトルはやはりキャップや容器の分、重くなってしまうのだろう。逆にいえばiPad Airは500mlのペットボトルよりも軽いということである。すごい。

500ml入りならだいたい500gのはず

だが結果は569g

続いてカメラをはかってみた。500gを切るくらいと予想するも結果は570g。またも約100gオーバーである。

うーん……

次にWiiUのゲームパッド。お! これは493gとなかなかの数値。24g差は誤差といっていいだろう。WiiUのお持ちの方は、ぜひゲームパッドを手に持ってほしい。それがiPad Airの重さである。

ゲームパッドがビンゴ!

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) まずは家の中からiPad Airと同じ重さのものを探す
(2) 街中からiPad Airと同じ重さのものを探す
(3) 再び街へ
(4) 最後の手段を使う
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事