【ハウツー】

iOS 7の「Safari」の使い方(後編) - ID・パスワードの自動入力から安全対策まで

1 自動入力を行うための設定手順

  • <<
  • <

1/3

iOS 7に標準搭載のブラウザSafariは、共有やブックマーク・リーディングリストなど使い勝手がいい機能が搭載されていますが、実はiOS 7からID・パスワードなどを自動で入力する機能も搭載されているのです。ブラウザに文字を打ち込むのがおっくうになりがちなモバイル機器にとってこの機能は非常に便利ですが、一方で設定に気をつけないとセキュリティ面の危険も。ここでは、自動入力機能の使い方と安全な利用法を紹介します。

自動入力を利用できるようにするための設定とは?

文字を入力する手間が省けるこの機能を使うためには、あらかじめSafariの設定をしておかないといけません。設定方法は、ホーム画面の「設定」から「Safari」→「パスワードと自動入力」と選択して自動入力の設定画面出します。この画面では、大きく分けて「自分の情報」「ID・パスワード」「クレジットカード情報」の自動入力の設定が可能。

まず、自分の情報についての設定ですが、「連絡先の情報を使用」「自分の情報」という項目を設定します。「連絡先の情報を使用」のスイッチをオン(緑)にすると、WEBフォームに自分の連絡先が入力されるようになります。また、WEBで入力するデータは「連絡先」の内容を引用するので、「自分の情報」をタップして連絡先からどのデータを使うか選択しましょう。

Safariで自動入力ができるようにするためには設定が必要。まず「設定」の中から「Safari」を選択しよう

Safariの設定画面から「パスワードと自動入力」をタップすれば設定ができる

「パスワードと自動入力」画面では連絡先、パスワード、カード情報と項目を分けて設定可能だ

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 自動入力を行うための設定手順
(2) ID・パスワードの自動入力を活用する
(3) 自動入力をパスコードロックと併用する

人気記事

一覧

新着記事