【レビュー】

iPhone 5sで60日無料キャンペーン中の聴き放題音楽サービス「KKBOX」を試してみた

 

好きなアーティストの曲はもちろん、流行りの曲もくまなくチェックしておきたい音楽好きの人にとっては、楽曲購入のための毎月の出費も相当な額となる。そんな中、世界的なトレンドとなり、日本でも徐々に浸透しつつあるのが定額制で聴き放題の音楽サービスだ。

2013年6月に国内でサービスを提供開始した「KKBOX」は、幅広い楽曲を揃えているほか、独自のソーシャル機能を備えるなどユニークな聴き放題音楽サービスとなっている。本稿では、アップルのスマートフォン新製品「iPhone 5s」を用い、KKBOXの利用方法や機能などを紹介していきたい。

iPhone 5sで聴き放題音楽サービス「KKBOX」を試す

月額980円で聞き放題! 60日間無料キャンペーンも

「KKBOX」は、月額980円の聴き放題音楽サービス。1,000万人のユーザーを抱えるアジア最大級の音楽サービスで、日本ではauが提供していた「LISMO Unlimited」がリニューアルしたサービスとして提供されている。auだけでなく、NTTドコモ、ソフトバンクなど各社のスマートフォンのほか、パソコン、タブレットでも利用可能だ。

スマートフォン/タブレット向けとして、iOS版およびAndroid版アプリが提供されており、対応端末はiOS 5.0以上のiPhone、iPad、iPod touch、バージョン2.1以上のAndroidスマートフォン/タブレット。アプリはApp StoreまたはGoogle Playから無料でダウンロード可能。また、Windows/Mac向けソフトも提供されているほか、マルチデバイスに対応しており、ひとつのアカウントで複数の機器を利用できる。

前述の通り月額料金は980円で、決済方法はクレジットカード払いのほか、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ペイパルにも対応。なお、メールアドレスで会員登録した場合は1日間、Facebookアカウントでの登録は1週間のフリートライアルが可能。さらに、10月16日より実施されているキャンペーンでは、クレジットカード払い、auかんたん決済、ペイパルを決済方法として登録した場合、60日間無料で利用することができる。

「KKBOX」アプリを使ってみる

それではさっそく、KKBOXのiPhone向けアプリを使ってみよう。KKBOXは聴き放題の音楽ストリーミングサービスとなっており、楽曲を再生する際にはWi-Fiやモバイルデータ通信による接続が必要となるが、一定曲数を端末内にキャッシュできるため、一度再生してキャッシュされた楽曲は通信圏外でも聴取可能となっている。

[オススメ]タブからランキングやジャンル別で楽曲を探せる

再生したい楽曲を探す際は、アーティスト名や曲名、アルバム名で検索できるほか、画面下部で[オススメ]タブを選択して表示される画面からランキングやジャンル別で楽曲を選択していくことが可能。また、[オススメ]タブでは、音楽関連ニュースやアルバムレビューなども閲覧でき、記事画面から楽曲を選択することもできる。

アーティスト名や曲名で検索して楽曲を見つけることもできる

ランキングなどの楽曲一覧から楽曲を選択すると、再生が開始する

検索結果やランキングなどの楽曲一覧から楽曲を選択すると再生が開始。画面中央に表示されるアルバムアートを左右にフリックすれば、前後の楽曲に切り替えることができる。また、再生画面で右上の[歌詞]ボタンをタップすると、対応する楽曲の場合は再生にシンクロして歌詞が表示され、カラオケのように楽しむことが可能。

再生画面右上の[歌詞]ボタンをタップすると、歌詞が表示されてカラオケ風に楽しめる

端末内にキャッシュする曲数は設定画面で変更できる

端末内にキャッシュできる曲数は、設定画面の[高度な設定]から変更でき、100曲から最大2000曲までのキャッシュを設定できる。なお、キャッシュした楽曲は有料会員期間が終了すると再生不可となる。

"クイック再生"や"一緒に聴く"機能で音楽を楽しむ

KKBOXでは、"何を聴けばよいのかわからない"というときでも簡単に楽曲を探して音楽を楽しめる。[オススメ]タブの[クイック再生]からは、いまの気分や楽曲の年代、音楽ジャンルを選択して、[Get MIX]ボタンをタップするだけで、おすすめの楽曲が次々に再生されて聴くことが可能。

その日の気分や音楽ジャンルを選択するだけで、オススメの楽曲を再生できる

季節などのテーマにちなんだプレイリストを選択して再生可能

自身でプレイリストを作成し、楽曲を追加していくことも可能

また、[オススメ]タブの[オススメプレイリスト]からは、季節などのテーマごとに作成されたプレイリストを選択し、収録された楽曲をシャッフル再生などで楽しむことができる。もちろん、自身でプレイリストを作成し、楽曲を追加していくことも可能だ。

ソーシャル要素のあるKKBOX独自の機能が"一緒に聴く(Listen With)"機能だ。現在、KKBOXで音楽を聴いている有名人やアーティスト、他のユーザーと一緒に同じ楽曲を聴けるというもので、聴取しながらチャットでのコミュニケーションも楽しめる。画面下部の[一緒に聴く]タブを選択して表示される画面から、配信中のディスクジョッキー(DJ)を選択することで、各DJが選んだ楽曲を聴くことが可能。また、自身がDJになることも可能で、再生画面の下部で公開設定をオンにするだけで、他のユーザーに聴かせることができる。

[一緒に聴く]タブでDJを選択し、DJが聴いているものと同じ楽曲を再生できる

[一緒に聴く]ボタンをタップすると再生が開始し、DJや聴取者とのチャットも楽しめる

再生画面の下部で公開設定をオンにすれば、自身がDJとなって配信を行える

そのほか、再生画面からFacebookやTwitterに楽曲情報を投稿し、自分の聴いている楽曲を友達などに教えることも可能。聴き放題だけでなく、さまざまな使い方で音楽を楽しめるアプリとなっている。

*  *  *

本稿で紹介した通り、「KKBOX」は、月額980円の定額で気軽に音楽を楽しめる音楽サービスだ。iPhone、Androidスマートフォン向けのほか、パソコン向けにもアプリケーションが提供されており、マルチデバイスで音楽を楽しむことができる。加えて、幅広い楽曲をさまざまな方法で探せるほか、"一緒に聴く"機能で他のユーザーと一緒に音楽を楽しむことも可能だ。現在実施中のキャンペーンを利用すれば、60日間無料で利用できるので、本稿を読んでKKBOXに興味を持った人は、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

人気記事

一覧

新着記事

立ち食いそば散歩 第24回 "1日1麺"はここで! 「信越そば」の豊富なトッピングから好みの3品を
[17:00 7/25] 趣味
カネボウ化粧品、頭皮にアプローチする成分配合の薬用育毛美容液を発売
[17:00 7/25] ヘルスケア
『ワンピース』や『ガンダム サンダーボルト』の「一番くじ」が登場 -「ワンダーフェスティバル2016 夏」バンプレストブース
[17:00 7/25] ホビー
『ツキウタ。』、こけし型ラバストとOUTDOOR PRODUCTSとのコラボグッズ登場
[17:00 7/25] ホビー
英Sophos、最新のファイル暗号化ソリューション「SafeGuard Encryption 8」
[16:59 7/25] 企業IT