【レポート】

AMD、Radeon R9 280XなどRadeon R9/Radeon R7シリーズ5製品の仕様を公開 - 各製品の詳細を解説

1 Radeon R7/R9シリーズを正式発表

  • <<
  • <

1/4

先にAMDのGPU14の様子をレポートしたが、ここで発表された製品のうち、トップエンドにあたるR9-290X/R9-290を除く5製品に関して、もう少し詳細な仕様が公開されたのでまとめて紹介したいと思う。

■「GPU 14」のレポートはこちら
【レポート】AMD GPU14レポート - AMDが語る2014年のGPU戦略、「Project MANTLE」の概要を初公開

ちなみにスペックからもお分かりの通り、基本この5製品はRadeon HD 7000シリーズと同じダイを用いたものである。ただ製品によっては微妙にスペックが違っていたり、見かけ上は新ダイを投入したものもある。表1は、今回発表の製品と、基になったと思われるRadeon HD 7000シリーズの製品を対にまとめたものであるが、まずはそれぞれを紹介したい。

表1 既存製品との比較(クリックで拡大します)

Radeon R9 280X(Photo01)

Photo01:現行のRadeon HD 7970 GHz Editionとほぼ同一スペックのRadeon HD R9-280X

今回の5製品の中では一番性能の高いのがR9-280X。特徴なのはこれが299米ドルで発売されること(Photo02)。ほぼ同等スペックであるRadeon HD 7970 GHz Editionのリリース時の想定価格が499米ドルだった事を考えると感慨深い。

Photo02:Battlefield 4をフルに使おうとすると3GB Memoryが推奨ということで、これを前面に出してきている

性能、ということで同程度の価格レンジだった過去製品との比較がこちら(Photo03)。

言わんとすることはまぁ判らなくもないが、意味がある比較かどうかは微妙

そしてこのRadeon HD R9 280XはNVIDIAのGeForce GTX 760が対抗製品と位置づけられているようで、こちらとの性能比較がこちら(Photo04~05)。

Photo04:2560×1440で4xMSAAを使っても、50fps程度でるということ。かろうじて遊べる範囲か

Photo05:Tomb Raiderでは、TressFXを有効にしても40fps近くが確保されるという話だが、もうすこしフレームレートは欲しいかも

Battlefieldに関してはどんどん必要とされるメモリ量が増えているため、Battlefield 4では3GBは欲しいそうで、その点Radeon R9 280Xは適切としている(Photo06)。このRadeon R9 280Xのスペックをまとめたのがこちらである(Photo07)。

Photo06:あくまでこれはRecommendedであって、絶対に3GB無いと動かないという意味ではない。あと、んじゃ3GBあればサクサク動くのか? というとその保障も無いわけで、ちょっと微妙

Photo07:Radeon HD 7970 GHz Editionと明確に違う部分は、DirectX 11.2のサポート「だけ」である。あと、TBP(Typical Board Power)がRadeon HD 7970 GHz Editionでは250W+だったのがこちらは250Wになったところか

Radeon R9 270X(Photo08)

Photo08:Radeon HD 7870 GHz Editionを微妙に上回るスペックになっているR9 270X

R9 280Xのやや下に位置するのがRadeon R9 270X。こちらは199米ドルでの発売を予定する(Photo09)。こちらも、同価格帯の過去製品に比べて大幅に性能が改善したとしている(Photo10)。

Photo09:Radeon HD 7870 GHz Editionの発表時の推定小売価格は249米ドルだったから、50米ドルほど下がった計算

Photo10:3倍のValueかどうかはともかくとして、199米ドル未満という価格帯の製品に求められる性能のレベルを引き上げたのは間違いない

対抗製品はGeForce GTX 660と位置づけられており、これとの機能あるいは性能比較が示された(Photo11~13)。スペックはこちらである(Photo14)。

Photo11:Radeon R9-270XはTressFXを有効にしても60fps以上が実現できる、という話だがその他の表示パラメータ(解像度とかQualityとか)に関する情報が示されていないので、ちょっとなんとも言いにくいところ

Photo12:流石にこのクラスだと1,920×1,080pixelということになる。まぁ80fps近くあればプレイに支障がないのは間違いない

Photo13:Hitman Absolutionでも70fps近くを維持

Photo14:殆どのスペックはRadeon HD 7870 GHz Editonと同じだが、大きく違うのがMemory。Radeon HD 7870 GHz EditionではGDDR5 4.8Gbpsなのが、R9 270Xでは5.6Gbpsに引き上げられている。それでいてTDPは175W→180Wと微増なあたり、実際にはコア側は多少省電力化が図られていると思われる

次のページ:ローエンドからミドルレンジまで取りそろえるR7シリーズ

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) Radeon R7/R9シリーズを正式発表
(2) ローエンドからミドルレンジまで取りそろえるR7シリーズ
(3) TRUE AUDIOにも詳細情報の追加が
(4) 出力関連の詳細と今回のまとめ
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事