【レポート】

iPhone 5sスピードテスト、3社のiPhoneを使い通信速度を比べてみた - パート4:アップルストア渋谷編

  [2013/09/20]

9月20日、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3社から新型iPhoneの2機種「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発売された。発売直後の時点で、各社のネットワークのつながりやすさにはどの程度の差が認められるだろうか。本稿では、アップルストア渋谷にて3社のiPhoneの通信速度を比べてみた結果をお伝えする。

マイナビニュースでは発売日当日にNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクのiPhone 5sを入手することができた。本稿では、アップルストア渋谷で通信速度を計測した結果を紹介していこう

アップルストア渋谷では?

最後に向かった先は、アップルストア渋谷だ。同店では、16時半過ぎになってもまだ長い行列ができていた。ここでも専用アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用し、各社のiPhoneで3回ずつ通信速度を計測。平均値を実測値として、結果を下表にまとめてみた。

アップルストア渋谷の周辺でも電波のつながりやすさを調べてみた。通信に強さを発揮したのは、どの会社のiPhoneだろうか?

気になる結果は、NTTドコモは下り5.78Mbps/ 上り2.71Mbps、KDDI(au)は下り35.06Mbps/上り15.05Mbps、ソフトバンクは下り23.80Mbps/上り15.67Mbpsとなった。ソフトバンクが健闘をみせたものの、KDDI(au)のiPhoneが本日2度目となる下り30Mbps超えのスピードを記録し快勝した。

NTTドコモ 下り5.78Mbps/ 上り2.71Mbps
KDDI(au) 下り35.06Mbps/上り15.05Mbps
ソフトバンク 下り23.80Mbps/上り15.67Mbps

まとめ

今回の計測結果を振り返ってみると、KDDI(au)の通信は常に安定し、通信速度も好結果が出ていた。KDDI(au)では下り最大75Mbpsに対応するエリアの実人口カバー率を97%(8月末現在)と説明している。その強みが、実際に数値となって現れた形のようだ。

なお、同じ800MHz帯を利用したLTE通信を提供しているNTTドコモだが、こちらは現状では1.5GHz/2GHz帯をメインに展開している。また、ソフトバンクでは900MHz帯を3G向けに使用しており、LTEのサービスを開始するのは2014年度になる見込みで、現在は2.1GHz帯と1.7GHz帯の周波数帯を利用した、倍速ダブルLTEを展開している。こうした経緯が、今回の計測値に影響を及ぼしたと言えそうだ。

現状では800MHz帯の対応エリアを武器に、一歩リードしているとみられるKDDI(au)のiPhone。今後、NTTドコモとソフトバンクの両社がどの程度キャッチアップしていけるだろうか。3社のネットワークをめぐる争いに注目していきたい。

iPhone 5sスピードテスト記事一覧

■アップルストア銀座編
http://news.mynavi.jp/articles/2013/09/20/speed01/
■JR新橋駅編
http://news.mynavi.jp/articles/2013/09/20/speed02/
■JR恵比寿駅編
http://news.mynavi.jp/articles/2013/09/20/speed03/
■アップルストア渋谷編
http://news.mynavi.jp/articles/2013/09/20/speed04/



人気記事

一覧

新着記事

橋本マナミ、堀北真希の早すぎる妊娠報道に「芸能人の宿命。しょうがない」
[11:47 6/26] エンタメ
たけし、舛添氏に退職金&ボーナスの返金要求「少し返せよ」
[11:15 6/26] エンタメ
爆問・太田、高知容疑者は「最近のニュース全部1人でやっちゃった」
[11:05 6/26] エンタメ
【ハウツー】知らない番号からの着信、いい対処策は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[11:00 6/26] 携帯
無駄遣いだと自覚している出費は? - 「飼っていないのに犬の餌」という人も
[11:00 6/26] マネー