【レビュー】

買ってみて、触れて測って見比べて、すごさが分かるiPhone 5sの進化と真価

1 iPhone 5sとiPhone 5の見かけの違い

 
  • <<
  • <

1/4

iPhoneの最新モデルとして販売がスタートしたiPhone 5s。iPhone 5から、どう進化を遂げたのか。見かけは? CPUのパフォーマンスは? 発売日当日に手に入れたiPhone 5sをもとにiPhone 5との違いから真価を探った。実際に使ってみたiPhone 5sの特徴である指紋認証(Touch ID)機能についても触れる。

「5s」は「5」とココがちがう!

今回テスト機に使うiPhone 5sは、3色あるうちの「スペースグレイ」。量販店の在庫情報などから推測すると、もっとも出荷台数が多いカラーであり、他のカラーバリエーション(ゴールド/シルバー)に比べると入手しやすいといえる。筆者が購入したショップ(au/KDDIの郊外型店)で聞いたところ、本日入庫分にゴールドとシルバーはなかったそうで、今後もこの傾向は続きそうだ。

早速帰宅してiPhone 5(ブラック&スレート)とじっくり見比べたところ、外観に"誰でもわかるような差"は認められなかった。見分ける目印といえば、指紋認証型となったホームボタンから「□」の刻印が消え平面的になったこと、背面のLEDフラッシュがデュアル構成となり(True Toneフラッシュ)縦長になったことくらいで、外周と重さはほぼ変わらない。

しかし、側面と背面の大部分を覆うスペースグレイは、5のスレートと似て非なる個性を備えている。スペースグレイのほうが1、2トーンほど明るい印象で、光の当たる角度によってはシルバーに近い印象すら受ける。それでいてゴールドほど自己主張も強くなく、年齢/性別の違いを超えて支持を集めそうだ。

スペースグレイのiPhone 5s(手前)とブラック&スレートのiPhone 5(奥)、すぐに見分けられる人はちょっとしたiPhone通だ

iPhone 5s(左)とiPhone 5(右)をよく見比べると、ホームボタンと側面の色の違いに気付く

オーナーが見ればわかる両者の違い。欧州車のマイナーチェンジに通じるものがあるような……

側面の色は5と5sで明らかに異なるが、「スペースグレイ」は見る角度によって印象が大きく変わる

指紋認証センサーを搭載するためか、ホームボタンの緩くカーブした凹みはなくなり、「□」の刻印も消えた

5s(上)と5(下)のLEDフラッシュは形状が異なる。レンズとの間にあるマイクの形も違う(5は楕円)

パッケージは5とほぼ同じ。付属物もほぼ同じだ

  • <<
  • <

1/4

インデックス

目次
(1) iPhone 5sとiPhone 5の見かけの違い
(2) 初の64bit CPUでアプリは?
(3) 「Apple A7」の実力
(4) 親切ガイドのTouch ID

人気記事

一覧

新着記事

性能強化とデザイン刷新、東芝のホームノートPC最上位機「dynabook T85/A」はどこか変わった?
[12:06 9/25] パソコン
池松壮亮×斎藤工『無伴奏』キス直前のメイキング公開「チューされるんだ」
[12:00 9/25] エンタメ
Facebookアカウントを永久に消し去る方法
[12:00 9/25] 企業IT
[松本人志]SMAPへの紅白公開オファーに「なんか利用してる」
[11:51 9/25] エンタメ
松本人志、がん闘病ブログの小林麻央を称賛「偉人に近い」
[11:51 9/25] エンタメ