【レポート】

ソフトバンクがiPhone5s/5c発売セレモニー開催、孫代表は"重要な会議"で欠席

1 孫正義代表不在の理由

 
  • <<
  • <

1/2

NTTドコモの参入で競争の激化が予感されるiPhone市場。本日9月20日ついにiPhone5s/5cが発売され、ソフトバンクは銀座のショップでもはや恒例とも言える発売記念セレモニーを開催した。購入のために人が並ぶのは新型iPhone発売の名物ともいえる風景だが、この日のソフトバンク銀座前は人の列が店の前だけでは収まらず、向かいの道路にまで続いているという状況だった。同社によると、購入・契約のために同店に160人以上が並んだという。

今回は孫正義社長でなく宮内謙副社長が登壇

ショップの前にはセレモニーのためのステージが設置されているが、8時前にソフトバンクモバイルの宮内謙代表取締役副社長兼COOが登場した。Apple社製品のイベントはいつもは孫正義代表取締役社長が登壇することでおなじみだが、本日は重要な会議のためカンザスシティに向かっていて欠席とのこと。孫社長不在の発売イベントはiPad以来だろう。

宮内副社長はソフトバンクによるiPhoneのサービスについて説明。今回のiPhoneで注目される点のひとつが「プラチナLTE」の対応だが、ドコモやauがサービスをスタートしているのに対し、ソフトバンクは2014年4月スタート予定のため、ソフトバンクの苦戦が噂されている。この件について、宮内副社長は既存の1.7GHzと2.1GHzのLTEによる「ダブルLTE」で快適な接続を保ちつつ、来年4月からのプラチナバンドLTEを加えた「トリプルLTE」を提供したいと発言。

ソフトバンクショップ前の特設会場に現われ、サービスを説明する宮内謙代表取締役副社長兼COO

また、ソフトバンクがiPhoneを発売して積み重ねたノウハウを元に、トラフィックマネジメントやiPhoneマスターによるサポートを行なうなど、iPhoneユーザーへの細かい対応で勝負したいとも語った。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) 孫正義代表不在の理由
(2) ネットワークは周波数だけの問題ではない
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー
「怪獣」と「東京」の切っても切れない関係 - 怪獣ファンが見た『空想脅威展』
[19:00 9/26] ホビー
チップとデールが一番くじ登場、いたずらされたミッキーたちのぬいぐるみも
[18:43 9/26] ホビー