【レポート】

Apple開催のイベントで見る、iPhone新モデルの見所(前編)

1 iPhone 5cの特徴

 
  • <<
  • <

1/2

米国カリフォルニア州クパティーノにあるApple本社で、9月10日10時より行われたプレスイベントで、AppleはiPhoneの新モデルとなる「iPhone 5s」「iPhone 5c」を発表した。米国や日本ではそれぞれ9月20日に発売となる予定だ。本稿では同イベントでは発表された内容にもとづいて、アップデートされたiPhoneの5つの見所について解説していこう。

プレスイベントに登場したティム・クックCEO

2製品を発表すると説明。そのシルエットはiPhoneそのもの

廉価版を新機種として発売したiPhone 5c

イベントでは、iPhone 5cが先に発売された。iPhone 5cは、現行モデルだったiPhone 5のテクノロジーや機能を継承したうえで、アルミニウムとガラスのボディから、カラフルなプラスティックのボディへと変更された。カラーはホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンの5色展開となる。

iPhone 5cは5色展開。価格は16GBで99ドル

価格は米国で、携帯電話会社の2年契約を前提に、16GBモデルで99ドル、32GBモデルで199ドルとなり、同日発表された上位機種のiPhone 5sより100ドル安い。日本でも、10,000円ほどの価格差が付けられるのではないか、と推測できる。

廉価版iPhoneについては、発表前、カメラやSiri対応などの機能が省かれて差別化が施されるのではないか、という情報もあったが、iPhone 5でサポートしている性能はそのまま据え置かれた。廉価版では64GBモデルこそ用意されなかったが、A6チップ、4インチRetinaディスプレイ、800万画素iSightカメラ(背面)、Siriにも対応し、このあたりはiPhone 5と同じ。ほぼ唯一の進化は、FaceTimeカメラ(ビデオ通話用のインカメラ)が、暗い場所でも明るく映るようになったこと。これにiOS 7が組み合わせられるが、iOS 7の壁紙は、あらかじめボディカラーに合わせてセットされており、「カラフル」な世界観をより楽しむことができる。

外観上は、ボディの素材がプラスティックに変更されただけでなく、iPhone 5より少し厚く、重くなっている。厚みは8.97mmとiPhone 5より1.37mm増し、重さは132gで20g増だ。なお、バッテリー持続時間が通話時間で2時間向上して10時間に、待ち受け250時間で25時間向上している。LTE、Wi-Fiでののウェブブラウジングは10時間だ。

今回のiPhone 5cには、背面をカバーするケースが用意されている。ドットで穴が抜かれたデザインで、6色用意され、iPhone 5cの5色のカラーバリエーションと合わせて、合計30種類の組み合わせを楽しむことができる。

この製品は、AppleのiPhoneラインアップの中でも初めての登場となる。これまで型落ちのiPhoneを廉価版として提供してきたが、「廉価版を新機種としてリリースしたこと」は大きな意義を持つようになる。つまり「安いiPhoneは1世代古い」という法則を廃止したことになり、廉価版モデルを選びやすくなった。またAppleとしても、上位機種との差別化要因以外の、主要なテクノロジーや仕様を毎年アップデートできるようになった。

今回発表されたハイエンドのiPhone 5sと廉価モデルのiPhone 5c。この2モデルの登場で、既存のiPhoneユーザーの分散化が起きる可能性はあるが、特に日本の場合、ドコモはフィーチャーフォンからの乗り換えの市場を狙いやすくなる。後に述べるが日本ではNTTドコモでの発売が発表されており、iPhone 5cはiモードケータイユーザーへの訴求で需要が広がるのではないだろうか。

  • <<
  • <

1/2

インデックス

目次
(1) iPhone 5cの特徴
(2) iPhone 5sの特徴

人気記事

一覧

新着記事

HKT48兒玉遥、竹下通りを金髪ギャルメイクの女子高生姿でかっ歩 - 公約実行
[15:00 8/31] エンタメ
アドビ、「初音ミク」モチーフの創作テクを公開- Twitterキャンペーンも
[15:00 8/31] 企業IT
マライア・キャリーの姉、 売春容疑で逮捕
[14:48 8/31] エンタメ
[高島彩]子育ては「遊ぶように楽しく学ばせる」 白×緑の爽やかファッションで登場
[14:45 8/31] エンタメ
『夢のチョコレート工場』ジーン・ワイルダー死去、83歳
[14:38 8/31] エンタメ