【レビュー】

さらに多機能化した自分撮り対応の薄型軽量ミラーレス - オリンパス「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」実写レビュー

1 タッチパネル式のチルト可動液晶を継承する

 
  • <<
  • <

1/3

オリンパス「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」は、チルト可動式の液晶モニターを備えたミラーレスカメラだ。2012年に発売された「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」の基本デザインをベースにしながら、撮影機能のさらなる充実が図られている。その画質や使い勝手はどうなのか。実写レビューをお伝えしよう。

オリンパス「OLYMPUS PEN Lite E-PL6」」

関連記事
オリンパス、レリーズタイムラグ0.044秒のミラーレス「PEN Lite E-PL6」 (2013年5月10日)

オリンパスのミラーレスカメラは、ターゲットユーザーが異なる4つのシリーズに分かれている。上から順にいうと「OM-D」「PEN」「PEN Lite」「PEN mini」となる。今回取り上げるのは、このうちミドルクラスに位置する「PEN Lite」シリーズの最新モデル「E-PL6」だ。従来モデル「E-PL5」は2012年10月に発売されたので、それから1年経たずに実質的な後継機が登場したことになる。

まずは外観から見てみよう。ボディはE-PL5のデザインをほぼそのまま継承する。高さを抑えた横長の長方形スタイルで、手のひらに隠れるくらい小さい。ボディだけならポケットに入れることもできる。グリップは着脱式のものが付属。オプションのカラフルなグリップに交換することも可能だ。

前モデルからの外見上の変更点は、カラーバリエーションがシルバーとブラック、ホワイトの3色から、レッドが追加されて4色に増えたこと。今回試用したブラックのモデルは、デザイン上のアクセントとして新たにレンズマウントの付け根部分に赤い色が加えられている。

マイクロフォーサーズマウントを採用。ボディ内手ブレ補正や超音波防塵フィルターを内蔵する

ガイドナンバー7の小型フラッシュ「FL-LM1」が標準付属する

前モデルの魅力のひとつである自分撮り対応の液晶モニターは引き続き搭載する。可動の角度は上方向に約170度で、下方向に約65度。左右方向には動かないためカメラをタテ位置に構えた場合には可動の恩恵はないものの、ヨコ位置撮影に限れば、構図の自由度が広がるメリットは大きい。ローアングルやハイアングルからの撮影がスムーズに行える。また、上に最大角度まで開くことで自分撮りができ、家族や友人との記念写真の際などに重宝する。

液晶モニターは下方向に約65度まで可動。ハイアングル撮影時に役立つ

上方向には約170度まで可動。ローアングル撮影や自分撮りが楽しめる

液晶のサイズは3型で、ドット数は約46万ドット。ドット数はもの足りないが、視認性はまずまずといったところ。静電容量方式のタッチパネルに対応し、タッチした部分に素早くAFエリアを移動できるのは便利。タッチ操作でシャッターを切ったり、各種の設定を行うことも可能だ。

天面から背面にかけてのラインに傾斜を付けた独特のデザインを従来機から継承する

電源はリチウムイオン充電池「BLS-5」。CIPA準拠の撮影可能コマ数は約360枚となる

次ページ: タイムラプス動画や電子水準器機能を新搭載
  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) タッチパネル式のチルト可動液晶を継承する
(2) タイムラプス動画や電子水準器機能を新搭載
(3) 上位モデルと同等のセンサーとエンジンを採用することで高画質を実現

人気記事

一覧

新着記事

[AAA宇野実彩子]最新写真集のお気に入りは「裸オーバーオール」 “ナンパ”も明かし「うれしい」
[14:21 7/31] エンタメ
[KARAヨンジ]現在は1人で活動 KARAへの思い、今後、そしてプライベートまで語る
[14:00 7/31] エンタメ
『スーサイド・スクワッド』のデヴィッド・エアー監督、すでに続編に意欲
[14:00 7/31] エンタメ
マット・デイモン、1年間の俳優活動休止へ
[13:36 7/31] エンタメ
ウーマン・村本、ポケGO否定派叩く風潮「気持ち悪い」 - 炎上やく氏は"侮蔑"
[13:31 7/31] エンタメ