【ハウツー】

いわゆる「割込通話」機能、au版iPhoneだったら無料で利用できる!!

 

通話中にかかってきた別の着信に応答する「割込通話」は、携帯電話としてもiPhoneを活用したいユーザにとって便利な機能だ。他の電話会社ではキャッチホンなどとも呼ばれ、固定電話の時代から利用者は多い。

割込通話はiPhoneでも利用可能だが、ここ日本でiPhoneを提供しているソフトバンクとau/KDDIの2社では料金が異なる。有料(210円/月)のソフトバンクに対し、au/KDDIは無料なのだ。しかもau/KDDIの場合、割込通話機能を自由にオン/オフできる。なお、ソフトバンクでは「割込通話」、au/KDDIでは「割込通話サービス」とサービス名が若干異なる。

使い方は基本的に固定電話と同じで、通話を保留にして別の着信に応答すればいい。通話時に着信を受けると、画面に「通話を保留にして応答」ボタンが現れるので、これをタップすれば通話は切り替わる。「無視」をタップすれば、現在の通話を続行し別の着信は無視される(相手には呼び出し音が聞こえるだけ)。

ただし、注意点がひとつ。au版iPhoneで割込通話機能をオフにしてしまうと、パケット通信中に着信があったとき応答できなくなってしまうのだ。これはau/KDDIが採用する通信方式「CDMA2000」が通話とパケット通信を同時に行えないためで、仕様上やむをえない。友人から「いつ電話してもつながらない」と言われないためにも、割込通話機能は常にオンにしておこう。

操作手順をカンタン解説

1 au版iPhoneで割込通話サービスを有効にする場合は「1451」、無効にする場合は「1450」にダイヤルする。『設定』→「電話」→「KDDIサービス」からダイヤルすることも可能だ

2 所定の番号へダイヤルすると割込通話サービスがオン/オフされ、回線も自動的に切断される

3 通話中に着信があると、このような画面が現れる。「通話を保留にして応答」ボタンをタップすれば、割込通話が開始される

関連製品をチェック

人気記事

一覧

新着記事

次世代iPhoneの名称は「iPhone 6SE」で発売日は9月16日の噂 - 海外報道
[17:31 7/26] スマホとデジタル家電
35歳以上が選ぶ"理想の上司"、女性1位は天海祐希 - 男性は?
[17:30 7/26] キャリア
夫婦のLINE 第127回 マジで具合が悪くなった
[17:30 7/26] ライフスタイル
40・50代女性が感じる身体の悩み1位は「肩こり」 ‐ 心の調子は?
[17:29 7/26] ヘルスケア
アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー