【ハウツー】

ときどき現れる「コンパスの干渉」の原因は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

 

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「ときどき現れる「コンパスの干渉」の原因は?」という質問に答えます。

***

iPhoneに付属のアプリ「コンパス」は、起動するだけで現在地の緯度/経度と方位を表示してくれます。使い方と利用目的は従来のコンパスとまったく同じ、海や山へ出かけたとき日の出/日の入りの方角を確認したいときなどに役立ちます。

一般的に電子コンパスでは、微弱な地磁気を検出する「磁気センサー」を方位磁石の代わりとして利用します。2つの磁気センサーを直角に組み合わせ、持つ人の前後/左右方向の地磁気の強さをもって方角を計算します。

iPhone 4以降の機種には、微弱な地磁気を検知する磁気センサーが方位磁石代わりとなる「デジタルコンパス」が内蔵されています。以前のiPhoneでは、本体を水平に持たないと磁気センサーが正しく動作しないこともありましたが、新たに採用された「3軸ジャイロスコープ」が補正することにより、iPhoneを持つ方向に関係なく正しい方角を計算できるようになりました。たとえば、iPhone 5を垂直に持っていても、正確な「北」がわかります。

しかし、変わらず磁気センサーを利用していますから、周辺の磁気に影響を受けます。電磁波を発する家電製品の近く、金具部分に磁石が埋め込まれたバッグのそばなど、iPhone周辺の磁気に変化が生じた場合には、再調整(キャリブレーション)が必要になることがあります。それが、アプリにときどき表示される「iPhoneを8の字型に動かして……」というメッセージの意味です。

再調整は、表示されたイラストのようにiPhoneを動かせばすぐに完了します。それでも表示される場合は、手首にスナップを効かせながら(iPhoneにヒネリを加えながら)8の字を描くといいでしょう。もしくは、磁気を発している製品を遠ざけます。イヤフォン/ヘッドフォンには磁石が埋め込まれていますから、それが原因ということも意外に多いようです。

写真で解説

ときどき現れる「コンパスの干渉」というメッセージは、iPhoneの周辺にある磁気を発する製品が原因のこともあります

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー