【ハウツー】

アプリは必ずアップデートしなければならないの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりが正しく理解していないこともあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「アプリは必ずアップデートしなければならないの?」という質問に答えます。

***

結論からいうと、アプリは必ずしもアップデートする必要はありません。しかし、アップデートしなければ新機能は追加されず、ダウンロード後に発見された不具合も修正されません。自動的にアップデートされることはないものの、そのアプリをiPhoneから削除するまでは『App Store』に未更新のアプリとしてカウントされ続けるので、数字を見るたびプレッシャーを感じてしまいます。アップデートは無料ですから、特別な事情がないかぎり最新版が公開され次第着手したほうがいいでしょう。

アプリがアップデートされると、App Storeから以前のバージョンのアプリは削除されます。アップデート前のアプリをApp Storeからダウンロードすることは不可能になるため、大切な機能が削除されるアップデートと判明した場合には、慎重に判断しましょう。

ところで、いちどアップデートを開始すると取り消すことはできません。ダウンロードを一時停止することはできますが、その間はアプリを起動できず、ダウンロードに続くアップデートの作業が完了するまで見守るしかありません。

アップデート前のアプリを保存したい場合には、パソコンのiTunesライブラリにあるアップデート前のアプリファイル(拡張子「ipa」)を別のフォルダにコピーしておく、という方法があります。対象のアプリには「アップデート」の赤い帯が表示されているので、アップデートの要不要はひと目でわかります。そのアプリは、iPhoneと同期するとアップデートされたアプリに置き換えられてしまいますが、コピーしたアプリで上書きすれば古いバージョンに戻すことができます。ただし、iOSのバージョンによっては動作しないこともあります。

写真で解説

いちどアプリのアップデートを開始してしまうと、処理を取り消すことができません。ホーム画面上のアプリアイコンをタップすれば、一時停止することは可能ですが、元の状態には戻りません

iTunesで「App」を表示すると、現時点の(iPhoneと同期する前の)アプリを一覧できます。右上に「アップデート」の赤帯が表示されたものが、アップデート対象のアプリです

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事