【レポート】

アウディのロゴに描かれた一つひとつのリングの意味を知っていますか? -広報さんに聞いてみた

自動車メーカーのロゴマークは、ほぼすべての自動車のフロントグリルに付いており、自動車自体のデザインにも影響を与える大事なパーツです。今回は、4つの輪が重なったロゴで有名なアウディのロゴマークについて、アウディジャパン株式会社 広報担当の岩野絵美さんにお話を伺いました。

「フォーリングス」はアウディの歴史から

――アウディのロゴマークには4つのリングが重なったものが使われていますが、これにはどういった意味があるのでしょうか。

この4つのリングのシンボルマークは「フォーリングス」と呼んでいます。これは、アウディの歴史と密接に関わっています。現在のアウディの「フォーリングス」は、ドイツの4つの自動車メーカーが連合して始まったことからきているのです。

――それは、いつのことでしょうか?

1932年のことです。Audi、Horch(ホルヒ)、DKW(デーカーヴェー)、Wanderer(ヴァンダラー)という4社が「Auto Union AG」(アウトウニオン)という自動車メーカーを結成しました。4社を象徴する「4つのリング」がそのブランドロゴとして採用されたのが「フォーリングス」の始まりです。

Audi社は1909年創業

Horch(ホルヒ)社は1899年創業

DKW(デーカーヴェー)社は1907年創業

Wanderer(ヴァンダラー)社は1885年創業

※……ちなみに「Auto Union」は日本語に直せば「自動車連合」です。

――4つの会社が4つのリングになったんですね。

少々話しが逸れますが、アウディの創設者アウグスト・ホルヒが一番最初に設立した会社はHorch社なんですよ。

――そうなんですか!?

アウグスト・ホルヒは技術と品質を過度に重視し、残念ながら経営面への配慮を欠く傾向がありました。ホルヒが設計・開発する車は素晴らしかったのですが、金に糸目を付けぬホルヒの方針のため出資者である経営陣との対立が起き、1909年には経営陣から自分の名前の付いた会社を追われてしまったんです。

――自分が作った会社を追い出されてしまったわけですね。

ホルヒ(Horch)というドイツ名は、「耳を傾けて聞く」という意味のホルヒィエン(horen)という単語を基にしています。これと同じ意味を持つラテン語のアウディ(Audio)をその新会社の社名とし、同年(1909年)にAudiを設立したのです。

――その両社が(他の2社も入れて)、1932年にひとつの自動車メーカーになるなんて、不思議な縁ですね。

その後の「現在のアウディ」に至る変遷

1932年のロゴマーク

・1932年 「Auto Union AG」のロゴマーク

4社のロゴマークを重なるように並べたものです。ちょっとロゴマークとしてはごちゃごちゃした印象ですね。



1949年のロゴマーク

・1949年 「Auto Union GmbH」のロゴマーク

「Auto Union AG」が「Auto Union GmbH」になります。それに合わせて4つのリングに「AUTO UNION」と入ったシンプルなものになります。



1969年のロゴマーク

・1969年 「Audi NSU Auto Union GmbH」のロゴマーク

1873年創業のNSU(エヌエスウー)社を吸収して、ここでまたロゴが変わります。社名は「Audi NSU Auto Union GmbH」になり、ロゴマークから「フォーリングス」が消えます。

1985年のロゴマーク

・1985年「AUDI AG」のロゴマーク

社名は「AUDI AG」になり、ロゴマークが一新されます。楕円の中に「Audi」の文字が入った、シンプルで印象的なものになりました。



1994年のロゴマーク

・1994年 「フォーリングス」復活! のロゴマーク

1994年には、銀色のフォーリングスのみのシャープなロゴマークになりました。これが一番有名なAudiのマークではないでしょうか。



現在のロゴマーク

・現在のロゴマーク

銀のフォーリングスの横に「Audi」とスローガンの入ったものです。

――こうしてロゴの歴史をたどるとかなり変化しているんですね。

そうですね。やはり100年以上という長い歴史を持つ会社ですので。

――現在のロゴに込められたコンセプトを教えてください。

「フォーリングス」と企業理念の「Vorsprung durch Technik」(フォアシュプルング・ドゥルヒ・テヒニーク) = 「技術による先進」が一体となったものです。このロゴマークは2009年から使用しています。これは元のフォーリングスからの進化となります。

――ロゴマークをデザインしたのは誰でしょうか?

本社「AUDI AG」がデザイン会社「MetaDesign」と「Mutabor」とともにデザインしました。

――このロゴマークの色はどのように決定されたのでしょうか?

フォーリングスの色に使用している「アルミニウム シルバー」はアウディが考える車の将来技術の中で重要なテクノロジーの一つである「軽量化」を表しています。

――ありがとうございました。

いかがだったでしょうか。シルバーに輝くアウディのフォーリングスには歴史的背景があったんですね。街でアウディの自動車を見掛けたら思い出してください。

そのほかのロゴの秘密も紹介中

(高橋モータース@dcp)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事