【レポート】

ドコモのツートップ戦略は功を奏したのか? - 第1四半期決算会見

1 第1四半期決算の結果

 
  • <<
  • <

1/3

NTTドコモは26日、都内で記者会見を開き第1四半期(2013年度4-6月)決算を公表した。前年同期比で増収減益となり、営業収益は11,136億円(前年同期比+3.9%)、営業利益は2,475億円(前年同期比-5.8%)だった。同会見ではNTTドコモが下り最大150MbpsのLTEサービス提供に向け試験運用をスタートしたことも伝えられた。

登壇し第1四半期決算について報告するNTTドコモの加藤薫社長

パケット収入は4,749億円で前年同期比+1.6%、総販売数は539万台で前年同期比+4.4%、スマートフォン販売数は335万台で前年同期比+34.4%、Xi契約数は1,420万で前年同期比4.3倍だった。登壇したNTTドコモの加藤薫社長は「堅調な滑り出し。将来の成長に向けて一定の成果をあげつつある」と評価した。

第1四半期決算のトピック(写真左)と主な財務数値(写真右)

営業利益の状況(写真左)と総販売数・スマートフォン販売数(写真右)

月々サポート控除前のパケット収入は前年同期比7.9%増で、5,113億円となる。スマートARPUについては前年同期比24.3%増の460円。加藤社長は「ともに着実に成長している」とした。一方で、純増数については8.7万契約と苦戦した(前年同期は26.6万契約だった)。他社へ乗り換えるユーザー数を示す「ポートアウト」についても厳しい状況となった。しかし、加藤社長によれば「GALAXY S4」「Xperia A」の販売を促進するツートップ戦略により、改善の兆しが見えてきたという。

スマートフォン利用数・Xi契約数(写真左)とパケット収入・スマートARPU(写真右)

純増数では第1四半期で8.7万契約と苦戦した。しかしツートップ戦略により改善の兆しが見えてきている

  • <<
  • <

1/3

インデックス

目次
(1) 第1四半期決算の結果
(2) ツートップの販売が好調
(3) 今後の施策と質疑応答について

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

美味しさは、飲んでみないとわからない - 全自動エスプレッソマシンを試せる「デロンギ 表参道」オープン
[07:00 9/30] スマホとデジタル家電
ねこのはなしをしようか 第26回 猫用おやつ
[07:00 9/30] 趣味
『モーツァルト音楽王』アマチュア枠優勝の女子高生に注目「スゲーうまい!」
[07:00 9/30] エンタメ
市川由衣、第1子出産に喜び「愛おしくてたまらない」「お母ちゃん頑張る!」
[07:00 9/30] エンタメ
小児科医が回答! 子どもの病気、危険のサイン 第5回 熱性けいれんの対処法は?
[07:00 9/30] ライフスタイル